WordPressでサーバーの応答時間を短縮するのに”一番”効果的な方法

PageSpeed Insights を使っていて「サーバーの応答時間を短縮する」という提案を見たことはありませんか?

WordPressを使っているならテーマやプラグインの影響でただでさえ表示速度が遅くなってしまうのでこの提案を見かけることも多いと思います。

しかも改善をしようにも具体的に何をすればいいか分からなくてあきらめている、という方もいるかもしれませんね。

ですがWordPressの場合はほんの少しサーバーの設定を変えるだけで劇的にパフォーマンスが改善することがあります。

そこでここではサーバー応答時間を改善するためのサーバー設定の変更方法について解説していきます。

応答時間を改善する方法とは・・・

冒頭でも書いたようにサーバーの応答時間が遅いと PageSpeed Insights では次のような提案メッセージが表示されます。

PageSpeed Insightsで表示されたサーバーの応答時間が遅いことへの提案メッセージ

このメッセージはサーバーの応答時間が200ミリ秒0.2秒)以上の時に表示される提案です。

ではこの応答時間は具体的に何を指しているかというと PageSpeed Insights によると次のように説明されています。

サーバーの応答時間は、ページのレンダリングを開始するために必要な HTML をサーバーから読み込むのにかかる時間を測定したもので、Google とサーバーの間のネットワーク遅延が差し引かれます。

引用サーバーの応答時間を改善する | PageSpeed Insights

サーバーからHTMLが読み込まれるまでの時間なので画像やCSS・スクリプトなどの読み込み時間は含まれません。

しかもHTML自体はただのテキストなので本来サーバーの応答時間はそれほど遅くはならないはずです。

しかしWordPressではPHPというプログラミング言語を使ってサーバー側にアクセスがある度にHTMLを生成しています。

なのでサーバー側で毎回毎回PHPを実行しなくてはならない分だけ、サーバー側の処理が多くなってしまうという訳です。

これがWordPressの応答時間が長くなってしまう一番の原因ですね。

ではそのサーバー側の処理を少しでも減らすために何をすればいいか・・・

と考えた時にもっとも効果があるのがPHPのバージョンを新しくすることです。

PHPというのは新しいバージョンほどパフォーマンスがよくなり、逆に古いものほど実行速度が遅くなってしまいます。

なのでWordPressで使うPHPを最新バージョンにするのが一番効果的という訳です。

では、具体的にPHPをバージョンアップする方法について次で見ていきましょう。

サーバー側でPHPのバージョンアップをする手順

ここでは代表的な次の2つのサーバーについてPHPバージョン変更の設定手順を紹介します。

もちろんこの2つ以外のサーバーを使っていてもPHPのバージョンアップはできます。

ですが全てのサーバーでの設定手順は紹介できないので、上記の2つ以外を使っている場合はサポートなどに問い合わせをしてバージョンの変更手順を調べてください。

ではこの2つのサーバーでのPHPバージョンの設定手順を説明していきます。

さくらサーバー

まず最初はさくらのレンタルサーバーでの変更手順です。ちなみにバージョン変更だけならライトでもスタンダートでもどのプランを使っていたとしても変更ができます

その手順は次の通り

まずさくらサーバーのコントロールパネルにアクセスしてログインしましょう。

上の画像のようにログインしたら「アプリケーション設定」から「PHPのバージョン選択」をクリック

すると次のようなPHPのバージョン選択画面が出てきます。

さくらサーバー管理画面でのPHPのバージョン選択画面

このとき「現在のバージョン」がその下に表示されている最新のバージョンになっているかどうか確認してください。

もし最新になっていなくて古いバージョンのままだったら最新のもの(ここではPHP7.2)を選んで変更ボタンをクリック

さくらサーバーでPHPのバージョンを最新に設定

「モジュール版」にはチェックを入れたままでOKです。

これでPHPバージョンが最新になりました。

さくらサーバーでPHPバージョンを最新にしたときの様子

さくらサーバーでのPHPバージョン変更の手順は以上です。

エックスサーバーでの変更手順

次はエックスサーバーでの変更手順を説明します。

そのやり方は次の通り

まずエックスサーバーのコントロールパネルにアクセスしてログインします。

コントロールパネルが開いたらその中の「PHP」ー>「PHP Ver.切替」をクリック

エックスサーバーのコントロールパネルで「PHP Ver.切替」を選択

ドメイン選択画面が表示されるのでバージョン切り替えしたいドメインを選びます。

あとは次の画面で「変更後のバージョン」の下にあるセレクトボックスから最新のものを選んで「PHPバージョン切り替え」ボタンを押すだけです。

エックスサーバーでPHPバージョンが最新のものを選択

これでバージョンアップは完了です。

ちなみにエックスサーバーの場合は初期状態で最新のものが選択されています。

ですがもし古いバージョンになっていた場合はこの手順で変更しておきましょう。

PHPバージョンアップの効果は・・・

あるブログで実際にどれほどPageSpeed Insightsのスコアが上がるか試してみました。

その結果は次の通りです。

まず次がPHPバージョンアップ前のスマホとPCでのそれぞれのスコア

スマホのスコアが59、パソコンでのスコアが75でした。

そして次がPHバージョンアップ後のそれぞれのスコア

モバイルでは76、パソコンでは80になりました。

どれだけポイントが上がったかというとモバイルでは 59 ⇒ 76 なのでなんと18ポイント、パソコンでは 75 ⇒ 80 なので5ポイントも改善しています。

そしてPHPバージョンを変更する前と後でも応答時間にかなりの差がありました。

次がバージョンアップ前の応答時間

改善前のサーバー応答時間は1.3秒

そして次がバージョンアップ後の応答時間

サーバー応答時間が1.3秒から0.46秒に!1秒以上の改善

1.3秒から0.46秒なのでなんと0.94秒、四捨五入すれば1秒も表示速度が改善されています。

この結果を見るとたかがバージョンアップとは侮れませんね。

なのでもしPageSpeed Insights で応答時間が1秒以上なら是非PHPのバージョンアップを試してみてください。必ず効果があるはずです。

WordPressをさらに高速化するには

ーーWordPressをもっと高速表示したい
ーー表示速度を速くして快適なブログを作りたい

もしそうならさらにWordPressの高速化をしておきましょう。

WP高速化のために最低限しておきたいのは次のようなこと

最低限これらの対策や高速化設定はしておいた方がいいですね。

詳しいやり方については次の記事でまとめたのでそちらをどうぞ

WordPress高速化のために最低限すべき6つのこと【2019年最新】
一言でWordPress高速化と言っても様々な方法があって何をすればいいか分からない方も多いと思います。そこでここではWordPress高速化のために"最低限"しておいた方がいい6つのテクニックについて紹介していきます。

手順通りにやれば簡単にできることがほとんどなので是非お試しください。

また表示速度というのはサーバーのスペックにも大きく依存します。

なのでサーバーを選ぶまたは乗り換えるときはWordPress高速化に適したレンタルサーバーを選ぶのがベストです。

厳選!WordPressを高速で動かすのに最適なレンタルサーバー3選
WordPressは多機能な分だけ表示速度が遅くなりがちで、高速に動かすにはサーバー選びが超重要です。そこでここではWordPress運営に特におススメの高速・高機能なレンタルサーバーを厳選して3つ紹介します。

少なくともスペックや機能的に大きな制限がある無料のレンタルサーバーを使うことは絶対に避けるべきと私は思います。

まとめ

WordPressは便利ですがその代償として表示速度が遅くなりがちです。

なのでここで紹介したPHPのバージョンアップや高速化設定を行って少しずつ表示速度を改善していきましょう。

それが読者にとってイライラさせない快適なブログを作ることにつながります。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press