★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressの「遅い」を解決!特定ページでだけプラグインを読み込む方法

WordPressの表示速度が重くなる原因の1つがプラグインの読み込みすぎです。

特にページの読み込み時に読まれるプラグインは表示速度に大きく影響を与えるので不必要なものは停止してしまった方がいいでしょう。

とはいえ一部のページでは使っているから全てのページで停止できないプラグインも当然ありますよね。

そこでここでは「Plugin Load Filter」という特定のページでだけプラグインを有効化できる便利なプラグインの使い方についてまとめました。

Plugin Load Filterの導入

最初に「Plugin Load Filter」をインストールして有効化していきます。

その手順は次の通り

まずメニューから「プラグイン」ー>「新規追加」をクリック

新規追加画面が開いたらプラグインの検索欄に「plugin load filter」と入力

しばらくすると検索結果の一番上に次のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」ボタンを押してインストールしましょう。

ちなみに手動インストールする場合は次ページからダウンロードも可能

https://ja.wordpress.org/plugins/plugin-load-filter/

インストールが終わったら「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるのでそれを押すのも忘れずに

これでプラグインの導入は完了です。

特定ページでだけプラグインを読み込ませる方法

では次にこのプラグインを使って特定ページでプラグインをロードさせる方法を紹介します。

その手順を簡単に説明すると次の通り

  1. プラグインロードフィルタの登録
  2. プラグインでフィルタを有効にする
  3. 投稿ページでプラグインを有効化・無効化

この3つの手順について詳しく説明していきます。

1. フィルタの登録

Plugin Load Filterでは「プラグインロードフィルター」というものを使ってそれぞれのプラグインの有効化・無効化の設定を行います。

その設定のやり方は次の通りです。

まずメニューから「プラグイン」ー>「Plugin Load Filter」をオープン

開くと次の画像のような「プラグインロードフィルター設定」という画面が現れます。

この中でどのプラグインをフィルターの対象にするかが選べます。

上の画像では「エキスパート用URLフィルター」という項目がありますが、特別な場合を除いてはほとんど使わないので無視して構いません。

フィルター設定を行うのに必要なのは次の「Page Type フィルター」です。

ここには3つの列が並んでいて各列のプラグインに対してかけたいフィルターの種類によってどれか1つを選択できるようになっています。

そしてこの3つのフィルターはそれぞれ次のような設定になります。

  • Normal Mode
    全くフィルターをかけずにプラグインを通常通りにロードする設定
  • Admin Page
    管理画面だけでプラグインをロードする設定
  • Page Type
    個別の投稿ページでロードするかしないかを決められる設定

フィルターをかけるには「Admin Page」または「Page Type」のどちらかを選びます。

ここでは個別の投稿ページごとにプラグインをロードするか設定したいので次のように「Page Type」を選択しておきましょう。

あとはこの手順を次画像のように個別ページでロード・アンロードを切り替えたいプラグインごとに設定していけばOK

設定が終わったらプラグイン画面下の「フィルター登録」ボタンを押しましょう。

これでフィルターの設定は完了です。

2. プラグインでフィルターを有効にする

フィルター登録が終わったら次は「Page Type フィルター」を指定したプラグインに対してどの種類のページでロードするか設定していきます。

ではまず今開いているプラグイン画面から「Page Type フィルタ有効プラグイン選択」と書かれたタブを開きましょう。

このタブを開くと次のような画面が現れます。

そしてプラグインをどのページでだけロードするかを一番上の列にある「Desktop」「Mobile」「Page」「Post」などの項目の下にあるマークから選択

選択したページでのみプラグインが読み込まれ、それ以外ではロードされなくなります。

この設定画面でプラグインのロードの有効・無効を設定できる主なページタイプは次の通りです。

  • Desktop
    パソコンで開かれたページ
  • Mobile
    モバイル(スマホやタブレットなど)で開かれたページ
  • Home
    サイトのトップページ
  • Archives
    カテゴリーページやタグページなどのまとめページ
  • Search
    検索ウィジェットで開かれる検索結果のページ
  • Page
    固定ページ
  • Post
    投稿ページ

このページタイプを選ぶことでスマホでだけプラグインをロードさせたり、ブログのホームページでしか使わないプラグインを他のページではロードさせない、などの使い方ができます。

ここでは投稿ページごとに切り替えをしたいので次画像のように「Post」は選択しないようにしてください。

以上の設定が済んだら「有効化プラグイン登録」ボタンを押して登録しましょう。

これでプラグインに対してフィルターが有効になりました。

3. 個別ページごとにロード設定

今までの設定だと全ページでプラグインが読み込まれなくなるので次に必要なページでだけプラグインをロードする設定をしていきましょう。

その手順ですが、まずロードを有効にしたい投稿ページの編集画面を開きます。

開いたら編集画面の中から次の画像のように「Page Filter プラグイン」を表示された項目を探してください。

この設定項目からPCあるいはモバイルでプラグインをロードするかどうかを設定できます。

もし今編集しているページでプラグインをロードするなら次のように「Desktop」「Mobile」の下に表示されているチェックボックスにチェックを入れればOK

これで投稿を保存すればそのページでだけプラグインがロードされるようになります。

編集画面から1つ1つプラグインのロードを決められるのでブログの高速化に役立つかもしれませんね。

ただし、このプラグインの残念な所はロードを有効にするページをまとめて指定できないことです。記事数がある程度多いと設定が少し大変かもしれません。

ですが少しでもブログを軽量化したいという場合はとても役立つプラグインなので使ってみる価値はあると思います。

さらにページ表示速度を上げるには・・・

ページ表示速度を下げるのはプラグインが原因になることが多いです。

なのでプラグインを使わないページで読み込ませないことでページ表示速度の改善につながることでしょう。

しかしさらに表示速度を改善するなら次のWordPress高速化設定が有効です。

もしこれらの設定をしていないなら高速化のために絶対にしておきましょう。

またWordPress高速化に適したレンタルサーバーに乗り換えることも手っ取り早く表示速度を改善するのに効果的です。

詳しくは次の記事でやり方をまとめたのでそちらをどうぞ

一言でWordPress高速化と言っても様々な方法があって何をすればいいか分からない方も多いと思います。そこでここではWordPress高速化のために"最低限"しておいた方がいい6つのテクニックについて紹介していきます。

この記事に書いたことを実践するだけでも表示速度が見違えるほど改善するはずです。

まとめ

少しでもページの表示速度を上げたいなら Plugin Load Filter を使って必要なページでだけ読み込ませる設定をしてみましょう。

使い方も簡単なのでおすすめです。

最後に・・・

プラグインは表示速度低下の原因になりやすいので使いすぎには本当に注意です。

次の記事でも書いたように本当に必要なプラグインなのかどうかよく考えてからインストールするようにしていきましょう。

WordPressのプラグインはインストールだけで使えてとても便利です。ただ便利と言ってもプラグインによるトラブルを防ぐためにインストールするときにいくつか気をつけなくてはならないことがあり、これを知らないとプラグインによって最悪サイトが壊れる可能性もあります。そこでここではプラグインをインストールするときに気を付けたい3つのことについて紹介します。特にWordPress初心者が気を付けるべきことを中心にまとめました。

以上ここでは「Plugin Load Filter」を使って個別ページごとにプラグインのロードを切り替える方法について紹介しました。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press