★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

「 サイトパフォーマンス 」一覧

PageSpeed Insightsの使い方 – WordPressのスコアを上げるには?

PageSpeed Insightsの使い方 – WordPressのスコアを上げるには?

サイトやブログの表示速度を調べるのに役立つのが「PageSpeed Insights」というWebツールです。このツールを使うとページ表示速度をスコア化してくれる上にどこがボトルネックになるかも教えてくれて便利なので、ここではPageSpeed Insightsの使い方とWordPressでそのスコアを上げる方法について紹介します。

WordPressの「遅い」を解決!特定ページでだけプラグインを読み込む方法

WordPressの「遅い」を解決!特定ページでだけプラグインを読み込む方法

WordPressでページの表示速度が遅いなら一部のページでしか使っていないプラグインはそれ以外でロードしないようにしましょう。ここでは特定のページでだけプラグインを有効化できる「Plugin Load Filter」という便利なプラグインの使い方について紹介していきます。表示速度に悩んでいるならこのプラグインを試してみてください。

WordPressをAMP化させるプラグインの導入手順を解説

WordPressをAMP化させるプラグインの導入手順を解説

Googleはモバイルの表示速度を重視していてそのために考えられたWebページの規格が「AMP」です。そしてWordPressなら「AMP for WP」というプラグインを使うことでとても簡単にAMP化させることが可能です。やり方もとても簡単なので、ここではこのプラグインを使ってページを完全にAMP対応させる方法について紹介します。

WordPressでレンダリングを妨げるjavascriptを削除・移動させるには

WordPressでレンダリングを妨げるjavascriptを削除・移動させるには

PageSpeed Insightsで「レンダリングをブロックしている JavaScript/CSSを除去する」という提案が表示されたことありませんか?ここではWordPressでその問題を解決する方法を紹介します。表示速度を改善したいけどこの項目が意味が分からないという方は是非お試しを

gzip圧縮を有効にしてサイト表示速度を速める手順

gzip圧縮を有効にしてサイト表示速度を速める手順

サイトの表示速度を速めるテクニックの1つがページのコンテンツをgzipで圧縮して配信することです。gzip圧縮を設定することでサーバーとブラウザ間でデータを素早くやり取りできるようになり、転送量の節約にもなります。そこでここではサイトでgzip圧縮を有効にしてサイト表示速度を速める方法について紹介します。導入手順も簡単なのでサイト表示が遅くて困っているという人は是非試してみてください。