★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

Windowsでマウスカーソル付きでスクショを取る裏ワザ

マウスカーソル付きのスクショ

これは特別なソフトをインストしてもできるけど・・・

実はWindowsについてる "あのソフト" を使ってもできます。
普段あんまりお世話にならない "あのソフト" が役に立つんです。

ということで、Windowsでカーソル付きのスクショを取る裏ワザ を紹介!

ソフトの使い方とか画面キャプチャを取るときに超便利です。

普通の方法だとマウスカーソルが映らない

例えばWindowsの場合、次の2つのショートカットキーでスクショが取れます。

  • Fn + Alt + Prt Sc 
     ⇒ 全面でアクティブ状態になってるウィンドウのスクショを取る
  • Fn + Prt Sc
     ⇒ PC画面全体のスクリーンショットを取る

この2つのどっちかを使い、スクリーンショットが可能。
貼り付けるときはペイントソフトなどに Ctrl + V で貼り付けできます。

実際に電卓のスクショを貼り付けた時の様子

Fn + Alt + Prt Sc で貼り付けした電卓のスクショ

この機能を知ってると、いろいろな場面でなにかと便利です。

でも Fn + Alt + Prt Sc だとカーソルが映らない

ただこの Fn + Alt + Prt Sc のショートカットキー、1つ問題があります。

それがマウスカーソルが写ってくれないこと

カーソル付きでスクショしても写らない

普通に Fn + Alt + Prt Sc とかでスクショをとってもカーソルが写らない

たとえば上の電卓のスクショ、
本当はイコールのところにカーソルがあるけど写ってません。

自分はソフトとかWordPressの使い方とか書いてるんですが、
このカーソル込みでスクリーンショットを取りたいことが多いです。

カーソルがないと少し困る

カーソル付きスクショは "あのソフト" でできる

でもカーソル付きスクショ、実はあるソフトを使えば簡単です。

それはズバリ 拡大鏡 というツール

あの画面を 150% とか 200% とかに拡大できるソフト。
Windowsのバージョンとかに関係なくプリインストールされてるはずです。

それを使ったスクショ手順は次の通り

まず Windows + + キーを同時押し

Windows キーはキーボード左下、+ キーは L の横に見つかるはず

そうすると拡大鏡が開く

Windows + + キーを同時押しすると拡大鏡が起動する

もし Windows + + キーを押しても起動しないなら、
次のマイクロソフト公式でインストール手順をチェック

そして拡大鏡は 全画面モード なので、「表示」を押して 固定モード に切り替え

拡大鏡の「表示」を押して「固定モード」に切り替え

そうすると次みたいなウィンドウが表示されたはず

拡大鏡を固定モードで起動したときの様子。実はこれを使うと・・・

この中にはマウスも表示されるので、
Fn + Alt + Prt Sc でカーソル付きでスクショが取れるようになります。

例えば次が、電卓のスクショを拡大鏡でとってる様子です。

↓ スクショを取ってるスクショを取るって何か変な感じ・・・

電卓のカーソル付きスクショを拡大鏡で取っている様子のスクリーンショット

上画像でやってることを箇条書きすると・・・

  1. まず拡大鏡のサイズを調整する
  2. 拡大鏡に電卓が入るように調整
  3. 拡大鏡にフォーカスをあてたままにする
  4. 任意の位置にカーソルを移動させる
  5. Fn + Alt + Prt Sc を押すだけ

ポイントは拡大鏡の位置と、キャプチャしたいソフトの位置を調整すること

これは慣れが必要なので、初めは難しいかもしれません。

ただ特別なソフトをインストールしなくていいので、
手軽にカーソル付きのスクショを取りたいときに重宝するテクニックですね。

もし拡大鏡でタスクバーが隠れてしまったら...

それでこの方法は便利ですが、1つ困ったことが起きます。

それがタスクバーがなぜか隠れてしまう問題

より正確にいうなら、拡大鏡からフォーカスが外れた時に隠れてしまいます。

たぶんプリインストされてるソフトなので、それが影響してるのかもしれません。

タスクバーが隠れたときに戻す方法は次の通り

まずタスクバー上の何もないところで右クリック、メニューを開く

そしてそのメニューの中から「プロパティ(R)」をクリック

カーソル付きスクショってこういう時に便利

まずタスクバーの何もないところで右クリックし、「プロパティ(R)」をクリック

するとプロパティダイアログが表示されます。

その中で「小さいタスクバーボタンを使う」にチェックを入れて、「適用」をクリック

「小さいタスクバーボタンを使う」にチェックを入れて、「適用」をクリック

タスクバーが小っちゃく表示されましたよね?

一応これでタスクバーが元に戻ります。

ただ小っちゃいままだと不便だから、元に戻しときます。

今度は「小さいタスクバーボタンを使う」からチェックを外して、「適用」を押すだけ

「小さいタスクバーボタンを使う」からチェックを外して、「適用」を押す

これでタスクバーも元通りです。

でも拡大鏡を起動するたびになるから、戻し作業がメンドウかもしれない・・・

まあカーソル付きでスクショを取るときだけなので、
そこらへんの不便さは我慢しておきましょう(できれば直してほしい)

カーソル付きスクショの取り方まとめ

カーソル付きスクショの取り方を箇条書き

  1. まず Windows + + で拡大鏡起動
  2. 拡大鏡のサイズを調整する
  3. 拡大鏡にスクショ対象が入るよう調整
  4. 拡大鏡にフォーカスをあてたままにする
  5. 任意の位置にカーソルを移動させる
  6. Fn + Alt + Prt Sc を押すだけ

自分はカーソル付きスクショを取るとき、いつもこうやってます。

画面で見たままのスクショが取れて便利です、困った時にお試しあれ

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。