★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

Akismetは商用利用だと有料に!アフィリエイト可の無料プラグインに乗り換え…

Akismetがいつの間にか商用利用不可に。アフィリエイト・アドセンス可な無料プラグインに乗り換え

Akismetはスパム対策のWordPressプラグイン

つい最近、これが商用利用不可と気づきました。

アフィリエイト・アドセンス目的は有料

別に機能が制限されてる訳でもないけど、
思い切って無料プラグインに乗り換えを決めました。

新規ブログでAkismetを導入したときに気づいた

それは新規WPブログを立ち上げた時です。

Akismetのインストールまでは今まで通り

ちなみに次記事でもまとめてあります。(念のため)

【最新】Akismetでスパムコメントを完全ブロック!その導入手順
大量のスパムコメントに手動で対応していると手間がかかるし時間の無駄ですよね。そこでここでは自動でスパムコメントを判別してくれるWordPressプラグイン「Akismet Anti-Spam」の導入手順について紹介します。

WordPress開発元がリリースしてるプラグインです。

そしてAkismetの登録画面で異変に気付きました。

料金プランの変更スライダー

Akistmet登録画面の料金プランの変更スライダー

これを無料の0円に設定した

今まで通り料金スライダーを0円に設定したが...

↓ すると次のような表示に・・・

Akistmetはアフィリエイト・アドセンス・製品販売・あらゆるビジネス目的では無料で使えなくなったらしい

この画面によると無料は次の制限がつくとのこと

  • サイト内に広告掲載しないこと
  • 自分が作った製品を販売しないこと
  • ビジネスの宣伝を行わないこと

一切の商用利用は禁止みたいですね。

アフィリエイト・アドセンスは当然のこと、自分の作った製品を売るのもダメで、ビジネスの宣伝も一切してはいけないようです。つまり企業サイトもアウトってこと

広告掲載してないブログなら無料版もOKですが、そういった目的のブログ運営はほぼないですよね。(存在するけど限りなく0に近い)

そこで無料のWordPressプラグインを探すことに...

Advanced noCaptchaという無料プラグインを発見

そこで探してみると、いいプラグインを発見

Advanced noCaptcha & invisible Captcha (v2&v3)

WordPressプラグイン - Advanced noCaptcha & invisible Captcha (v2&v3)

これはアフィリエイト目的でも完全無料

もちろんどんなビジネス用途でも無料です。

Advanced noCaptcha の導入設定手順

こういう手順で導入設定できました。

1.プラグインをインストール・有効化

まずはいつも通りインストール

メニューから「プラグイン」ー>「新規追加」と進み、検索欄に "Advanced noCaptcha" と打ち込んでみてください。次のようなプラグインが出てくるはずです。

このプラグイン(2021年5月時点)

プラグインURL : https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-nocaptcha-recaptcha/

これをインストールして有効化するだけ

有効化したら「Settings」を押してください。

プラグイン画面のリンクを押す

画面が開いたらそのままにしておいてください。

次にWordPressから離れて別の設定をします。

2.Googleにサイト登録&APIキー・シークレット取得

そしたら次にAPIキー・シークレットを取得します。

まずは次のURLにGoogleログイン状態でアクセス

URL : https://www.google.com/recaptcha/admin/create

まずはGoogleでreCAPTCHA導入したい新規サイトブログを登録する

このような画面が出てくるので次のように設定

  • reCAPTCHAタイプ
    v2とv3の2種類あるが「v2 reCAPTCHA」を選択。v2では怪しいアクセスに画像認証(車を選択してください、みたいなアレ)が表示される。v3では画像認証はないので設定が必要。
  • ドメイン
    自分のブログサイトのドメイン名を入力するだけ。例えば https://example.com なら example.com をそのまま入力すればOK(http:// とか https:// はいらない)

ラベルは分かりやすければ何でもいいです。

あとは画面下の「送信」を押せば完了です。

最後に次のような画面が出てくるはず

reCAPTCHA用のサイトキーとシークレットキーが取得できた

この「サイトキー」と「シークレットキー」をメモしておきます。特にシークレットキーは誰にも知らせないように気を付けてください。

3.プラグイン設定でAPIキー・シークレットキー保存

そしたらAdvanced noCaptchaの設定画面に戻ります。

そこで次のように設定してください。

プラグインの設定入力例

プラグイン側でのreCAPTCHAの設定入力例

選択項目・入力項目に設定すべき内容

  • reCAPTCHA type
    ここでは V2 "I'm not a robot" を選んでおく。このタイプではチェックボックスが表示され、怪しいときは画像認証が起動するようになる
  • Site Key と Secret Key
    先ほどGoogleから登録したサイトキーとシークレットキーをそれぞれ入力する。この2つがないとプラグインは機能しないので注意!
  • Enabled Forms
    ボット対策・スパム対策を行いたいフォームにチェックを入れる。ここではログイン画面・コメント欄で reCAPTCHA を表示することに

最後に画面下の変更を保存ボタンを押せば完了です。

コメント欄を開くとreCAPTCHAが表示された

そしてあるページのコメント欄を開いてみると

チェックボックスが表示されるように

色々なサイトで見たことある感じのreCAPTCHAチェックボックスが表示された

↓ 怪しいと画像認証ダイアログが起動する

ボットと怪しまれると画像認証が起動する。利用者側からしたらウザいけどスパム対策に有効

これって利用者側からすると「うざいな~」とか「またかよ」って思われてるかもしれません。でもブログ運営側になると ありがたく感じますね(笑)

以上、Akismetが商用利用不可になってた話でした。

WordPressのスパム対策では定番ですがシェアが落ちそうです。

代わりに今紹介したプラグインに乗り換える人が増えるかも

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。