★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressで画像の管理・編集が楽になるおすすめプラグイン6選

ブログなどで記事を書くときに大変なのが画像の管理や編集ですよね。

例えば自力で管理や編集をしようとすると次のことを全て自分でやる必要があります。

  • 画像の圧縮
  • 画像に図や説明を入れる
  • 画像のリサイズ

・・・などなど

これらの作業を全て自分でやろうとすると手間がかかるし、肝心の記事作成に時間があまり避けなくなってしまいます。

そこでここではWordPress上でこのような画像の管理や編集作業を行うのに便利なプラグインを厳選して6つ紹介します。

画像の管理系プラグイン

まず初めに紹介するのは画像の管理(リサイズ・圧縮・不要な画像削除)に役立つ次の3つのプラグインです。

この3つについて順番に紹介していきます。

Resize Image After Upload

これは画像のアップロード時に自動的に指定したサイズに画像をリサイズしてくれるプラグインです。

例えば今使っているWordPressテーマの最大記事幅が700pxの場合はそれ以上大きい画像をアップロードしても縮小されてしまうのでそのままアップロードは容量の無駄になります。

そこでこのプラグインを使うとあらかじめ設定した最大幅以上の画像についてはその最大幅に収まるように自動的にリサイズしてくれるので便利です。

このプラグインの導入や使い方に関する詳しい情報は次の記事で紹介しました。

WordPressで記事幅より大きい画像をアップロード時に記事幅に自動リサイズさせる方法をまとめました。大きすぎる画像は縮小されて潰れてしまうので綺麗に画像を表示したい、という方は是非お試しを

アップロード時に編集ソフトを起動してリサイズ...なんてやってると時間がかかるのでその無駄を省くのに役立つと思います。

Compress JPEG & PNG

これはPNGまたはJPEG画像をアップロード時やWordPress内で手動で圧縮することができるプラグインです。

しかもただの圧縮プラグインではなく、あのTinyPNGの開発元が公開しています。

TinyPNGと言えばあの驚異的な圧縮率で画像を圧縮できることで有名なサービスですよね。その圧縮技術をWordPressプラグインから使うことができるようになります。

その詳しい導入手順や使い方については次の記事で紹介してあります。

WordPressの画像圧縮系プラグインの中で一番おすすめなのが「Compress JPEG & PNG」です。これはTinyPngの開発元が作ったプラグインで他と比べても圧縮率がかなり優秀です。ここではその使い方について紹介します。

画像というのはページ表示速度に影響を与えがちなので、少しでも速いブログやサイトを作りたいならこのプラグインで画像圧縮するのがおすすめです。

ちなみに次の記事では他のプラグイン( EWWWWP SMUSH )との圧縮率について比較しました。

WordPressには画像圧縮系のプラグインがいくつかありますが、画像の圧縮率や使いやすさはプラグインごとでだいぶ違います。そこでここで「EWWW Image Optimizer」、「Compress JPEG & PNG images(TinyPng)」、「Smush Image Compression and Optimization」の3つの画像圧縮系プラグインを圧縮率や使いやすさの点から比較します。

この記事を見てもらえれば分かるように他の圧縮系プラグインと比較してもTinyPNGだけ圧縮率が抜き出ています。少しでも画像サイズを抑えるならTinyPNGを選ぶのがベストです。

Delete not used image (DNUI)

これはWordPress内で使っていない不要な画像を削除できるプラグインです。

記事内でいらない画像があるとそれだけでディスク容量が圧迫されるので少しでも使用量を節約したいという人に役立ちます。

しかもただ削除するだけでなく次のように自動でいらない画像を判別して表示してくれるので削除がすごく楽です。

不要な画像をリスト化したらあとは削除ボタンを一回押すだけで全ての画像が削除されるので面倒な手順などは一切ありません。

導入手順や詳しい使い方などについては次の記事からどうぞ

WordPressというのはアップロードした画像以外にも色々なサイズの画像が自動生成されるのでその不要な画像が容量を圧迫する原因になります。そこでここではWordPress内で使用されていない画像を自動検出して一括削除できる「DNUI - Delete not used image」というプラグインの使い方について紹介します。このプラグインを使うと1つ1つ削除していく手間が省けるのでディスク容量を少しでも節約したいという人にはおススメです。

自分でどの画像が不要かなんて調べるのは不可能なので、このような自動で判別して削除できるプラグインは便利ですね。

画像編集に役立つプラグイン

次に紹介したいのは画像の編集(図形入れや文字入れなど)に役立つ次の3つのプラグインです。

この3つについて順番に紹介していきます。

DrawIt(draw.io)

DrawItはWordPress上で画像に図形や文字入れなどができるプラグインです。

画像の編集画面はこんな感じ

この画面上で画像に対して補足情報を表示したり、あるいは全く初めから説明図などを作れたりするのでかなり便利です。

しかも一度作成された画像はあとから再編集も出来るので手直しもしやすいという特徴もあります。

導入手順や詳しい使い方については次の記事をどうぞ

WordPress上で画像の文字入れとかの編集ができたら便利ですよね?実は「DrawIT」というプラグインを使えばそれが可能になります。そこでここではDrawITの導入手順や編集方法について紹介していきます。

画像編集系プラグインの中ではかなり使い勝手がいいので特におすすめです。

Visualizer

VisualizerはCSVファイルからグラフが作成できるプラグインです。

CSVデータさえ用意すればあとはそのデータに従ってプラグインが自動的にグラフを作成して記事内にそれを表示してくれます。

作成できるグラフの種類も豊富でいくつか例を挙げると・・・

  • 円グラフ
  • 折れ線グラフ
  • 地域ごとの図
  • 横棒グラフ
  • 縦棒グラフ
  • チャート図

・・・などなど

記事内でデータを分かりやすく表示するのに最適なグラフが選べます。

また一度作成したグラフはショートコード化されるので後から再編集も可能です。

導入手順やグラフの作り方については次の記事で解説しました。

WordPressではグラフを作って挿入するなら「Visualizer」プラグインがおすすめです。CSVデータを用意するだけで円グラフや折れ線グラフが作れて便利なのでここではその作り方を詳しく説明していきます。

説得力のある記事を書くにはデータを分かりやすく示すことも大事なのでその場合はこのプラグインが役に立つかもしれませんね。

Image Watermark

これは画像のアップロード時にウォーターマーク(透かし)を入れられるプラグインです。

ウォーターマークというのは画像の著作権を示して不正コピーするためにつけられるマークのことで有料の画像サイトなどだとよく見かけると思います。

このマークをWordPressの編集画面で画像アップロードした時に自動的に付与してくれるのがこのプラグインの特長です。

本来なら画像編集ソフトなどで作業が必要になりますが、これを使えばその手間がなくなるので便利です。導入手順やウォーターマークの入れ方については次の記事で紹介しました。

インターネット上の画像というのは基本的に誰でもコピーできてしまうので、何も対策をしないと簡単に無断使用されやすくなります。そこでここではWordPressで画像のアップロード時に自動または手動で透かしを入れることができる「Image Watermark」というプラグインの導入・使い方について紹介します。自分で作った画像を人に無断で使用されたくない場合や著作権を守りたい場合は役立つプラグインです。

画像の著作権は保護したいけど面倒な作業はしたくない、という人におすすめです。

まとめ

画像の管理や編集は全て自力で行おうとすると結構大変です。

その手間を省いて少しでも記事作成に集中するならここで紹介したようなプラグインを活用すれば余計な作業の無駄を省くことができます。

そして無駄な作業を減らせれば記事の内容に集中できるので結果的に質の高い記事を書くことにもつながるでしょう。

以上ここでは画像の管理や編集が楽になるおすすめプラグインについて紹介しました。気に入ったものがあればインストールして使ってみてください。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press