★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

ブロガーへ警告!whois情報公開代理を忘れるとこうなる

whois情報は公開代理すべきです。

私はこのブログ以外にもいくつか運営してます。

そしてその中の1つのブログにおいて、
whois情報を公開代理してない独自ドメインがありました。

公開代理してないとどうなるのか...

その恐ろしさを実体験したので、警告しておきます。

非公開なメルアドにブログ宛てでメールが届いた

そのブログは次の構成で運営してます。

  • レンタルサーバー : ロリポップ
  • 独自ドメイン管理 : お名前.com
  • WordPressインストール済み

お名前.comで独自ドメインを取り、
WordPressを使ってブログ運営してたわけです。

設定は完ぺきだと思ってたんですが・・・

ところがある日、私用で使っていたYahooメルアド(ネット上に一切公開していない)にこんなメールが届きました。(一部内容はプライバシーを考慮して伏字)

○○(ブログ名)運営者様

突然のご連絡、失礼いたします。□□△△と申します。弊社、××は香港を拠点として世界中で事業を展開しているWebマーケティング企業でございます。この度、 貴サイトを大変興味深く拝見させていただきました。貴サイトのコンテンツや掲載物は、当社の運営サイトと関連性が高いものとなっており、是非ビジネスパートナーシップを結びたく思いご連絡を差し上げます。もしよければ、当社の運営するサイトに関する記事を、貴サイトに掲載していただきたく存じますが、いかがでしょうか。...

なんでメールにブログ名が...?
メルアドは公開してないのに...?
一体どこでばれたんだろ?

メールがきた時、少し焦りましたね。

でも冷静になって考えてみると、
ブログ独自ドメインのwhois情報公開してたからでした。

原因はドメインwhois情報を個人情報で公開してたこと

まずwhois情報とは何かですが・・・

引用させていただくと次の情報です。

Whoisとは何か, 提供される情報

Whoisとは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。

gTLDのWhoisでは、次の情報を提供することがICANN(Internet Corporation For Assigned Names and Numbers)により義務づけられています。

- 登録ドメイン名
- レジストラ名
- 登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
- ドメイン名の登録年月日
- ドメイン名の有効期限
- ドメイン名登録者の名前および住所
- 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
- 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

引用元 : https://jprs.jp/about/dom-search/whois/

ドメイン登録者の情報を誰でも参照できる

これがwhois情報公開代理しない恐さですね。

もし代理公開してない場合、自分の名前・住所、メールアドレス、電話番号、etc・・・重要な情報が全世界に公開されることになります。純粋に恐ろしい。

その恐ろしいことを自分はやってしまいました。

独自ドメインのwhois情報を調べるには...

もし独自ドメインのwhois情報が知りたい場合...

次のツールを使えば簡単に調べられます。

ツールURL : https://domainwat.ch/

ドメインのwhois情報を簡単に調べられるツール

ドメイン名を入力して検索ボタンを押せばOK

検索するとズラズラと情報が出てきます。

その中の次の情報に注目。

  • Registrant Name
    ドメインの登録者名。実名が出てきたらヤバい。匿名ブログをやってるつもりがwhois情報から身バレすることも・・・
  • Registrant Street
    ドメイン登録者の住所。今住んでる住所が出てきたらヤバい。住所を悪用までされたら洒落にならないくらいヤバい
  • Registrant Postal Code
    ドメイン登録者の郵便番号。本物の郵便番号だとヤバい。住所と合わせて個人を特定するために使われかねない
  • Registrant Phone
    ドメイン登録者の電話番号。本物の電話番号だとヤバい。電話番号と住所・氏名が結び付くのは最悪のパターンだと思う
  • Admin Email:
    ドメイン登録者のメルアド。本物のメルアドだとヤバい。今回のケースだとこのメルアドが迷惑メール(?)に悪用されてしまった

ここに本名住所が出てきたらゾッとします。

身をもって体験しました、怖かったです。(-_-;)

ということでwhois情報公開代理を設定しました。

独自ドメインのwhois情報公開代理のやり方

whois情報公開代理のやり方

それはドメインレジストラごとに異なります。

でも基本手順はほぼ変わりません。

ここでは お名前.com、エックスドメイン を例に説明します。

お名前.comでのwhois公開代理の手順

まずお名前.com Navi にログイン

そして次URLにアクセス

URL : https://navi.onamae.com/domain/setting/whoisprotect/list

お名前.comのwhois情報公開代理設定の画面

ここでwhois公開代理したいドメインを選択。

選択した「確認」を押すと支払画面に移行する。

  • 支払いはクレカか銀行振り込み
  • 費用は税込みで1078円

たぶん1回限りだと思います。

それで安心が買えるなら安いものですね。

エックスドメインでのwhois公開代理の手順

まずXServerアカウントにログイン

独自ドメインのドメインパネルを開く

開くと [whois情報] が見つかるので、
その横にある「設定変更」のボタンを押す。

Xserverのドメインパネルを開き、[whois情報] にある「設定変更」のボタンを押す

whois情報の変更画面の中には、

【弊社(Xserver Inc.)名義で代理公開する】

というチェックボックスがあるはず。それにチェック

【弊社(Xserver Inc.)名義で代理公開する】にチェックを入れる

最後に 「whois情報の変更(確認)」 を押す。

確認完了後にwhois情報が公開代理になるはず。

whois情報は身バレの盲点。公開代理がベスト

結論 : 本名や住所が全世界公開されると怖い。

実害がなくても不安になるし嫌ですよね。

whois情報は公開代理がベストです。

実際に嫌な体験をしたので強くオススメします。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。