★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressのブログ運営費用はいくらかかる?具体的な内訳を紹介

「WordPressでブログを作りたいけど費用が心配・・・」

そう思っている方は少なくはないはずです。

実際本格的にWordPressを使ってブログを始めようとするならそれ相当の初期投資が必要で、長く続けるなら維持費もかかります。

しかし莫大な費用が必要ではないので安心してください。

ここではWordPressでブログを運営していくのにかかる費用を「初期費用」と「維持費」の2つに分けて具体的にいくらかかるのかを紹介していきます。

WordPressブログの初期費用はいくらかかる?

まず最初に紹介するのはWordPressを始めるのにかかる初期費用です。

この初期費用で最低限必要なのは次の2つ

  • レンタルサーバー代
  • 独自ドメイン取得料

この2つが絶対に必要なので具体的な費用について紹介していきます。

レンタルサーバー代

私たちがブログを始めるのにまず必要なのがレンタルサーバーです。

このレンタルサーバーはブログを動かすための基礎となる土台のようなもので、次のような機能や役割があります。

  • 処理能力の提供
    ブログを訪れた読者にページを表示したり、多くのアクセスがあった場合でも安定してブログを稼働させたりする役割
  • セキュリティの提供
    国外からのアクセスを防いだり、WordPressの管理画面への不正ログインを防いだりするためのセキュリティ機能
  • ディスク容量の提供
    ページの表示に必要なHTMLファイルや画像、その他のファイルの置き場所になるデータ保管庫としての役割もあり

これだけの機能を提供してくれるのがレンタルサーバーで、これなしでは絶対にブログを作ることができません。

これは現実世界の「家・建物」と同じだと言えるでしょう。

建物にはお店を開くための空間を提供したり、雨風から店を守るための役割があります。ネット空間上でそれと同じ機能を果たしているのがレンタルサーバーなのです。

ではレンタルサーバーは初期費用にいくらかかるかというと、それは各サービスごとに値段が違うので一概にこうだとは言えません。

しかし最低でも1万円以内、高ければ1万5000円程度かかると思っておいてください。

例えば私が特におすすめしているレンタルサーバーは次の3つでそれぞれの1年契約での初期費用は次のように設定されています。

一番安い さくらレンタルサーバー で7,209円、一番高いwpxサーバーの場合は17,000円ほどかかります。

少し高いと思う方もいると思いますが、安定的・長期的にブログ運営していくなら高スペックなサーバーは必要不可欠なものなのでケチらないようにしましょう。

そして間違っても無料のレンタルサーバーは選ばないようにしてください。タダと聞くと魅力的ですが、機能やスペックがかなり劣るものが多いので安易に飛びつかない方が賢明です。

独自ドメイン取得料

独自ドメインというのは自分のブログがどこにあるかを知らせるために使われる世界に1つだけのドメイン名のことです。

これを使うことでブログ運営に対して次のようなメリットがあります。

  • 完全にドメインが自分のものになる
    世界に1つしかないドメインを所有することができて自分で管理可能
  • SEO的に独自ドメインは有利
    独自ドメイン内には競合するコンテンツがないので検索エンジンで上位表示が狙いやすくなる効果あり
  • Google Adsenseの審査に必要
    Adsenseは無料ドメインでは審査が通らなくなったので必ず独自ドメインが必要

独自ドメインを取るメリットとは主にこの3つですね。

これらのメリットの詳しい解説については次の記事で詳しく紹介してあります。

独自ドメインを取得する3つのメリット【無料ドメインと比較】
サイト・ブログ運営するときに欠かせないのがドメインを取得すること。ここではその独自ドメインを取得する3つのメリットをレンタルサーバーの無料ドメインと比較しながら解説します。

レンタルサーバーが現実世界のお店の建物だとするならば、独自ドメインはそのお店の場所を表すための住所(または土地)のようなものと言えます。

ではこの独自ドメインの初期費用はいくらかというとレンタルサーバーと比べればそれほど高くありません。取得するドメインの種類によりますが1年あたりだと1000円~2000円程度です。

例えば次の2つのドメイン取得サービスでは取得料は次のように設定されています。

  • 名づけてねっと
    「.com」ドメインの場合 ⇒ 新規登録は1,200円 / 年
  • お名前.com
    「.com」ドメインの場合 ⇒ 新規登録は1,150円 / 年

名付けてネットなら1年で1200円つまり1か月換算で100円なのでレンタルサーバーと比べればそれほど高くはないですよね?

この2つのドメイン取得サービスのサービス内容や機能については次の記事で詳しく紹介したのでそちらをどうぞ

https://fukuro-press.com/recommended-domain-services/

この記事でも書いたようにドメイン取得サービスは信頼できるところを選ぶのが大事です。

海外には格安でドメインが取得できるところもありますが、サービスが潰れるなどのリスクがあるのでおすすめしません。しっかりした信頼できるサービスを選びましょう。

WordPressブログの維持費はいくらかかる?

ここまでレンタルサーバーとドメイン取得にかかる初期費用について紹介してきました。

そしてこの2つは初期費用を払えばそれで終わりではなく、ずっとサービスを使い続けるには維持費を支払う必要があります。

次はこの維持費について見ていきましょう。

レンタルサーバーの維持費

レンタルサーバーは一年単位で初期費用を払うことが多いので、維持費がかかるのは1年目以降となることがほとんどです。

では1年目以降の維持費はいくらかというと大体1年あたり高くても1万円程度と思っておきましょう。

例えば先ほど紹介した3つのレンタルサーバーの更新料。
それぞれ次のように設定されています。

  • wpxレンタルサーバー
    1か月1,000円 ⇒ 1年更新で12,000円
  • エックスサーバー
    1か月1,000円 ⇒ 1年更新で12,000円
  • さくらレンタルサーバー
    1か月515円 ⇒ 1年更新で6180円

初期費用が掛からない分だけ安くなります。

またレンタルサーバーによっては12ヵ月契約より24か月契約や36か月契約の方が安くなる場合もあってさらに費用が安く抑えることも可能です。

例えばwpxサーバーの場合12か月契約と36か月契約の場合だと1年あたりでは次のような違いが出てきます。

  • wpx12か月契約の場合
    1か月1,000円 ⇒ 1年あたり12,000円
  • wpx36か月契約の場合
    1か月900円 ⇒ 1年あたり10,800円

12か月契約と36カ月契約では1年あたりで1200円も料金に差が付きます。

このように契約期間で更新料が違う場合もあるのでレンタルサーバーを借りるときはこのように安く抑えることができる方法がないか確認するといいかもしれませんね。

独自ドメインの維持費

独自ドメインも取得したら永遠に自分のものになる訳ではなく使用している間は維持費を支払う必要があります。

では具体的に維持費はいくらかかるかいうとサービスによって違いがありますが、1年あたりだと数千円程度だと考えておきましょう。

例えば先ほど紹介した2つのサービスの場合、
1年あたりの更新料は次のように設定されています。

  • 名付けてネット
    「.com」ドメインの場合 ⇒ 1年更新で3600円
  • お名前.com
    「.com」ドメインの場合 ⇒ 1年更新で1280円

名付けてネットの方が更新料が高く、名付けてネットと比べて3倍程度の差があります。

なので長く独自ドメインを運用するならお名前.comを使うのがコスパが良いかもしれませんね。

10年間WordPressを運用する費用の具体例

ここまでレンタルサーバーと独自ドメインの初期費用と維持費に分けてそれぞれいくらかかるかについて紹介してきました。

ここまでだと少し漠然とした話なのでさらに運用費用を具体的に計算するためにモデルケースを使って考えてみましょう。

今回用意するモデルケースは次の通り

  • ブログ運用期間
    なるべく長く続けることを考えて10年と設定
  • レンタルサーバー
    WordPressを安定・高速で動かすために ロリポップ! を選択
  • 独自ドメイン
    なるべく費用を抑えるために ムームードメイン を使用
  • トップレベルドメインの種類
    こちらも費用を抑えるために「.com」を選択

ちなみにwpxサーバーはなるべく更新料を抑えるために36か月契約をえらぶものとします。

ではこの条件でいくら費用が掛かるかここでは考えてみます。

まず初期費用ですがこれをサーバーと独自ドメイン合わせて計算すると次の通り

サーバー代 : 
 初期費用5,000円 + 月額1,000円 = 1年契約で17000円

独自ドメイン代 : 1年契約で1150円


この2つを合わせると・・・
初期費用 :
 17,000円 + 1,150円 = 18150円

初期費用は18,150円になります。

次は維持費を考えてみましょう。

初期費用で1年分は支払済みなので残り9年間を考えると維持費は次の通り

サーバー維持費 : 
 1年更新10,800円 × 9年 = 97,200円

独自ドメイン維持費 : 
 1年更新1,280円 × 9年 = 11,520円


この2つを合わせると・・・
維持費 : 
 97,200円 + 11,520円 = 108,720円

つまり初期費用と維持費を合わせて10年間でかかる費用は・・・

10年間でかかる費用の合計 : 
 18,150円 + 108,720円 = 126,870円

・・・となりました。約12万円です。

もしかしたらこの費用を見て「12万円!?高すぎる!」と思ったかもしれません。

でもよく考えてみてください。

12万円で自分が好きなように発信できるメディアを10年間運営し続けられるのです。

しかもネットビジネスなので費用はこの12万円以外はかかりません。収益になるブログを育てればほんの数年、早ければ1年程度でこの費用は回収できます。

莫大な土地代や在庫が必要なリアルビジネスと比べれば格安で運用していけるのがブログなどのネットビジネスの利点なのです。

1日でできる具体的なWordPressブログの作り方

WordPress+ブログに興味を持ってきましたか?

もし具体的な作り方を知りたいなら次記事をどうぞ

タイトルの「1日でできる」は誇張表現ではありません。

この記事通りに進めれば本当に1日でブログ開設できます。

まとめ

ここまでで解説したようにWordPressでブログを始めるのにかかる費用は10万円程度です。その他の費用を考えたとしても20万円以内に収まるでしょう。

少し高いと思ってしまうのは当然だと思いますがそれはブログという資産を育てるための最低限の自己投資だと思いましょう。

もちろんただブログを用意するだけでなくしっかりと質のいいコンテンツを発信することが大事なのでそこは忘れないでくださいね。

しっかりとした環境を用意して読者の役に立つ記事を充実させる・・・これができればブログ程リスクを抑えられてリターンの大きいビジネスはありません。

また余計なことをせずに記事作成だけに集中したいなら機能がもとから充実しているWordPressでブログを始めるというのはとてもいい選択です。

以上ここではWordPressでブログを運用するためにかかる所期費用や維持費のことを具体例を挙げて紹介しました。

ブログを始めるときの参考にしてください。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。