2019年最新版 個人ブロガーに優しいお得なASPまとめ

アドセンスのサイト追加が審査必須に!実際に申請して分かったこと

アドセンスの「サイト追加」の審査基準が気になっている人のイメージした猫の画像

こんにちは、フク郎( @fukuro-press )です。

ここのところ「一部のアドセンスアカウントでサイト追加が審査必須になっている」みたいなウワサ(?)が流れてましたが、本当に必須になったみたいです。

今まではどんなサイトでも追加するだけで広告掲載できていましたが、これからは追加サイトでもアドセンスを申請するのと同じくらい厳しくなります。

私自身も他ブログでアドセンスを使うために「サイトを追加」を試してみましたが、基準が緩かった頃とは全く違いますね。

ここではサイト追加で新しくなった点や気になる合格基準など実際に申請してみて分かったことを元にまとめてみました。

そもそもサイト追加とは?なぜ審査が必要?

まずアドセンスの「サイトを追加」という機能について

これは別に目新しいものではなく、ずっと前からあるアドセンスの機能です。

今までもアドセンス申請したサイト以外で広告を貼る場合はサイト追加する必要がありましたが、今回のアップデートで審査も必須になりました。

ではそもそもサイト追加はなぜ必要なのか?

という話ですが元々は「アドセンス狩り」からアカウントを守るためです。

アドセンス規約には自分で広告をクリックしてはいけないという規約がありますが、その規約の裏目をついて他ブログの広告を

  • 興味もないのに何回もクリック
  • 時間を空けずに連続でクリック

することにより規約違反でアカウント停止させようという迷惑行為がアドセンス狩りと呼ばれていました。

数年前まではこういう迷惑行為のせいでアカウント停止になってしまうブログやサイトも多かったみたいです。

参考記事 : アドセンス狩り対策ができるWPプラグイン「AICP」の導入手順

そこでその被害を少しでも減らすために導入されたのが「サイト追加」機能

この機能のおかげか最近はアドセンス狩りの被害も大分少なくなっているみたいです。

ただし従来のサイト追加の問題点はどんなサイトでも広告を貼れるほど緩い基準だったことです。むしろ基準が緩いどころか基準すらありませんでした。

こういう基準が全くない状態だったので・・・

  • コピーコンテンツばかりの悪質サイト
  • 中身がペラペラで役に立たないブログ

・・・みたいなとこでも広告掲載できしまってたんですよね(困)

恐らくGoogle側としては、そういうサイトには広告を載せて欲しくないのでサイト追加に審査を設けたのだと思います。

まあ他ブログからコンテンツを盗んだり、中身のないペラペラのブログで広告掲載しほしくないのは当然と言えば当然ですが・・・

こういう風な事情がサイト追加に審査が必要になった背景です。

なのでこれからは追加サイトであっても読者の役に立つ充実した内容であることが求められます。数記事で内容もペラペラのブログはまず審査に通りません。

サイト追加自体はとても簡単

ここまで書いてきたように、これからはアドセンス広告を掲載したいブログ・サイトでは必ずサイト追加&審査が必要になります。

とはいってもサイト追加のやり方自体はそれほど難しくありません。次のような手順で申請自体は数分あれば終わります。

まずアドセンス管理画面にログイン

そしてログインしたら左メニューから「サイト」をクリック

アドセンス - メニューから「サイト」をクリック

(ちなみにこの項目は以前だと見つけずらい位置にありました・・・サイト追加が必須になったので分かりやすい位置に移動させたみたいですね。)

そうすると次画像のような画面が表示されたはずです。

サイトを追加するにはその中の「サイトを追加」ボタンをクリック

「サイトを追加」ボタンをクリックしたときの様子

(ちなみに「準備完了」と表示されているのが審査に通っているサイト。「アップデート前に追加したサイトでも審査が必要なのでは?」と思いましたが流石にそこまで厳しくないようです。)

サイト追加画面が開いたらまず「あなたのサイト」の下に表示されている入力欄から追加したいサイトURLを入力

追加するサイトのURLを入力するテキスト欄

入力する場合はドメイン名( 例 : fukuro-press.com )だけ入力してもOKです。

そうしたら次に審査用のアドセンスコードをコピー

次画像のオレンジ色で囲った部分にコードが表示されているので、選択してコピーあるいは「コードをコピー」ボタンを押せばコピーできます。

審査用のコードを全選択したときの様子

ではコードをコピーしたら追加サイトの全てのページのheadタグの間にこのコードを埋め込んでください。

このコード自体は自動広告コードと全く同じなので、自動広告を表示するのと同じ手順で埋め込みすれば問題ありません。

ちなみにWordPressでの自動広告コードの埋め込み方はこちらの記事をどうぞ

アドセンスの自動広告は最適だと思われる場所に広告を自動表示してくれる便利な機能です。ここではこの自動広告をWordPressに導入する手順を初心者でも分かりやすいようにまとめました。

自動広告コードの取得・コピーは既にしたので、そこは読み飛ばしてOKです。

また上記事で書いた通り、コードの埋め込みにはプラグインを使うのが一番簡単ですね。ほんの数分で終わるのでパパッと埋め込んでしまいましょう。

埋め込みしたら「完了」ボタンをクリック

以上でサイト追加は完了です。

審査は大体一日程度かかり、審査が終わるとその結果がGメールに届きます。

もし審査合格なら次のようなメールが届き、その日からアドセンス広告が掲載可能です。

アドセンスのサイト追加に合格したときにくるメール例

結果がくるまでソワソワするかもしれませんが、まともに運営されているブログなら通らないことは恐らくないと思います。

サイト追加の合格基準はどのくらい?

これからサイト追加を申請する方にとって気になるのは

「合格基準は厳しい?それとも優しい?」
「もし落ちてしまったらどこを改善すればいい?」

のような合格基準についてだと思います。

結論から言うとサイト追加自体はそれほど合格基準は厳しくないはずです。

アドセンス申請と比べて期間も1日程度ですし、そこまで厳しく見られていないかなと個人的には思います。

私もあるブログでサイト追加を試してみたら1日ですぐ合格がもらえました。

ちなみにその合格したブログの記事数とかPVなどは次の通り

  • 公開記事数 : 100記事程度
  • 月当たりのPV : 1000PV / 月
  • 記事の文字数 : 1500~3000文字
  • ブログ運営期間 : 約4カ月ほど

詳しくは書きませんが大体こんな感じです。もちろん同じ条件で審査に合格するかどうかは保証できません。

ですが読者の役に立つ内容であるかどうかは一番重要だと思います。

それに加えて記事数やPV、セッション時間直帰率などもある程度は審査対象になっているのかなと考えています。

また量より質とは言うもののは数記事で通るほど審査は甘くないはずです。記事数が少ない場合はサイト追加する前にある程度コンテンツを用意しておきましょう。

もし「記事を書くのが遅い・・」、「ブログネタが思いつかない・・」という場合は次記事で効率のいい記事作成やブログネタの探し方を紹介したので是非ご覧ください。

記事作成のムダな手間やネタ探しにかかるムダな時間を減らす・・・

このことが本当に読者の役に立つ記事を書くのに大切だと思いますし、私自身も常日頃から実践していることです。

まとめ

ここまでで書いた通り、これからはサイトを追加する時でも審査が必要になります。

審査が必要になると聞いたときは少し驚きましたが、新ブログで広告掲載するならお墨付きをもらった方が安心できるはずです。

読者の役に立つコンテンツを作るモチベーションにもなるので、こういうアップデートは前向きにとらえていきたいですね。

以上アドセンスでアップデートされたサイト追加機能についてでした。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press