★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

平均セッション時間の正しい意味とは?0秒になる理由も解説

アナリティクスでは色々な用語が出てくるので初めて使う人にとってはその用語を理解するだけでも大変だと思います。

また用語の意味を知っているつもりでもアナリティクス上での本当の意味とは少しだけ違った理解をしていることもあるかもしれません。

そのように微妙に誤解されやすい用語の1つが「平均セッション時間」です。

ここではこの用語の正しい意味について誰でも分かるように丁寧に解説していきます。

セッションとは?

まず平均セッション時間の意味の前にセッションについて正しく理解する必要があるので先にそちらから説明していきます。

セッションとはものすごく簡単にいえば「ブログやサイト内で読者が一定時間当たり(30分など)にとった行動の単位」のことです。

これだけだと分かりにくいと思うので例を使って説明しましょう。

例えばあるブログにA~Fまでの6つのページがあると考えてみてください。

そしてたまたまそのブログを訪れたXさんが次のように記事を読むという行動をしたとします。(カッコ内の時間は記事を読んでいた時間)

ページA(15分) ⇒ ページB(5分) ⇒ ページC(10分) ⇒ ページD(10分) ⇒ ページE(15分) ⇒ ページF(5分) ⇒ 離脱

Xさんがブログ内で記事を読んでいた時間はちょうど一時間になっています。

そしてアナリティクス上では1セッションは30分と決められているのでこの行動は次の2つのセッションに分けることができます。

セッション1 : ページA(15分) ⇒ ページB(5分) ⇒ ページC(10分)
セッション2 : ページD(10分) ⇒ ページE(15分)⇒ ページF(5分)

このようにユーザーの行動を時間で区切ったのがセッションなのです。

より詳しいセッションの意味については次の記事で図付きで説明しているのでそちらもどうぞ

Googleアナリティクスで分かりにくい用語の1つが「セッション」。ここではそのセッションの意味や計測のされ方などを誰でも理解できるように分かりやすく解説していきます。

平均セッション時間とは?

ではセッションの意味が分かったところで平均セッション時間について説明していきます。

読んで字のごとくこれは「全てのセッションの合計時間をセッション数で割った平均時間」のことで、そのまんまの意味しかありません。

ここで気になるのは合計時間を求めるための1つ1つのセッション時間はどのように計測されるかということですよね。

この時間はアナリティクスでは次のような式で計測されています。

セッション継続時間 = 最後のページから離脱した時間 - 最初のページにヒットした時間

文字通りブログを閉じられた終わりの時間からブログにアクセスされた(ヒットした)時間を引いているだけです。

これも具体的に例を使って考えてみましょう。

例えばあるブログでユーザーが1セッションの間に次のような時系列で行動をしたとします。

10時00分 : ブログのページ1にアクセス
10時10分 : ページ1からページ2に移動
10時15分 : ページ2からページ3に移動
10時20分 : ページ3から離脱

この時のセッション継続時間は

10時20分 - 10時00分 = 20分間

ということになります。

このような1つ1つの継続時間を全てで合計して総セッション数で割ったのがセッション平均時間なのです。

ここまでの説明は当たり前すぎるかもしれませんが、1つ注意点があります。

それはページが見られていたとしてもセッション平均時間が0秒になり得るということ

次になぜこのような現象が起きるかを説明していきましょう。

セッション平均時間が0秒になるのはなぜ?

アナリティクスで平均セッション時間が0秒になるという体験をした人は多いと思います。

ユーザー数もセッション数も0以上あってその全員が即ブラウザバックするということはほぼあり得ないのに不思議な現象ですよね?

実はこれはセッションの継続時間の計測方法にからくりがあります。

先ほどのセッション継続時間の式をもう一度よく見てください。

セッション継続時間 = 最後のページから離脱した時間 - 最初のページにヒットした時間

この式には隠れた条件があってそれは「最初のページと最後のページは異なるページでなくてはならない」ということです。

つまり1セッションで1ページしか見られていないなら継続時間は0秒ということになってしまいます。

たとえ1ページ目で20分見られていたとしても2ページ目に続かないなら0秒です。

なのでセッション平均時間は基本的に1ページしか見られていない場合のセッションの継続時間は含まれていないと考えおきましょう。

その他のアナリティクス用語

ここまで「平均セッション時間」について解説しました。

これ以外にも誤解しがちなアナリティクス用語はいくつかあります。

例えばそれは次のような用語

  • ユーザー数
  • セッション数
  • 直帰率
  • ページビュー数
  • ページ / セッション

特に「直帰率」は誤解しやすい用語かもしれません。

用語の詳しい意味は次でまとめたので、そちらをどうぞ

Googleアナリティクスでは普段聞きなれない用語が使われています。そして分かっているつもりでも意外と意味を誤解していることも多いのではないでしょうか。そこでここではアナリティクスで誤解しがちな用語の正しい意味について解説していきます。

難しそうな用語が多いですが実際はそれほど難しい意味はありません。

ただ何となく知っているつもりで間違った解釈をしないように注意したいですね。

まとめ

ここまでのことを簡単にまとめると次の通り

  • セッション平均時間
    = 全てのセッション継続時間の合計 / 総セッション数
  • セッション継続時間
    = 最後のページから離脱した時間 - 最初のページにヒットした時間

ただしセッション継続時間では1ページしか見られていない場合は平均時間にカウントされないことに注意が必要です。

以上ここではアナリティクスでのセッション平均時間の意味について解説しました。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press