★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressでディスク使用量を大幅に減らすための4つの節約術

WordPressでサイト・ブログを作るとき、
気になるのは レンタルサーバーのディスク使用量 だと思います。

大抵のレンタルサーバには容量制限があり、
その中でブログ作りしないといけないので容量を節約したい人は多いです。

特に 1GB や 10GB など制限がキビしいと、かなり切実な問題になります。

そこで WordPressのサーバ使用量を減らす5つの節約術 を紹介!

ディスク使用量を少しでも減らしたい人は是非お試しください。

ディスク使用量を減らす4つの方法

ここではディスク使用量を減らすために画像ファイルの圧縮やサムネ画像の削除を行うので念のため必ずバックアップはとっておいてください。

ディスク使用量を減らす方法としては次の4つがあります。

  • アップロード済みの画像ファイルの圧縮
  • 不要なサムネ画像の削除
  • サムネ画像の自動生成の無効化
  • 画像アップロード時に自動リサイズ

この4つの方法について順に紹介していきます。

1.画像ファイルの圧縮

画像圧縮は基本中の基本

画像圧縮に便利なのが「EWWW Image Optimizer」というプラグインです。

このプラグインを使って画像圧縮する手順は次の通り。

プラグインの導入

まずメニューから「プラグイン」ー>「新規追加」を開きます。

そして新規追加画面の検索欄に「ewww」などのキーワードを入力。

すると検索結果に次のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」ボタンを押してインストールしてください。

EWWW Image Optimizer - 画像を圧縮してディスク容量を節約できるプラグイン

ちなみに、以下のページから直接ダウンロードして使うことも可。

https://ja.wordpress.org/plugins/ewww-image-optimizer/

インストールが完了したら「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので、必ずそれを押して有効化するのもお忘れなく

画像ファイルの一括圧縮

まずメニューから「メディア」ー>「一括最適化」をオープン。

次の画面が出てくるので、「最適化されていない画像をスキャンする」を押して圧縮が必要な画像ファイルをスキャンします。

「最適化されていない画像をスキャンする」ボタンを押して、圧縮が必要な画像ファイルをスキャンする

スキャンが終わると最適化の準備が完了するので、「最適化を開始」を押してください。

「最適化を開始」ボタンを押すと、画像の圧縮がスタートする

次のように画像の最適化処理が始まり、現在の進捗状況が表示されます。

どのくらいの時間がかかるかはファイル数にもよります。

もし千件以上なら数時間程度はかかるので、気長に待ちましょう。

プラグインを使った結果...

このプラグインを使うと最適前と最適後のファイル数とサイズは次のようになりました。

最適化前

ファイル数 :  4939
フォルダサイズ : 114 MB
最適化後
ファイル数 : 4939
フォルダサイズ : 82.8 MB

私の環境では最適化されていない画像が多かったせいか114MB82.8MBまで画像ファイルのサイズが減り、約27.3%(31.2MB)ものサイズダウンに成功 しました。

このように圧縮されていない画像が数千件以上あるときはかなりの圧縮効果が期待できます。

2.不要なサムネの生成を無効化

WordPressでは画像をアップロードしたときにサムネ画像が自動生成されます。

自動生成されるサムネ画像サイズは主に次の4つです。

  • thumbnail
    デフォルトで150px × 150pxのサムネ画像
  • medium
    デフォルトで300px x 300pxのサムネ画像
  • large
    デフォルトで640px x 640pxのサムネ画像
  • medium_large_size_w
    横が768pxのサムネ画像。WordPress4.4から新たに追加された

これらのサイズの画像は投稿を「マガジン形式」で表示するテーマでは使われることがあるので全く無駄という訳ではありません。

しかしほとんどのテーマではこれらのサムネ画像は使用されないので、ただディスク使用量を圧迫するだけになってします。

このサムネの自動生成機能を無効にする方法については次の記事で紹介してあるので、余計なサムネ画像でディスク使用量を無駄にしたくないなら無効にしておいた方がいいかもしれません。

WordPressでは1つの画像をアップロードしただけでいくつもの異なるサイズのサムネが自動作成されるので大量に画像ファイルができてしまいます。そこでここではWordPressのサムネ自動生成機能を完全に停止させる方法について紹介します。もしやたらとサーバーのディスク使用量が多いと感じているならここで紹介する方法を試してみてください。

3.不要なサムネ画像の削除

サムネ画像の自動生成を無効化しても既にアップロードされた画像で自動生成されたサムネは使われないとしてもディスク上に残り続けてしまいます

そこでアップロード済みの画像の不要なサムネを削除したい場合に便利なのが「DNUI - Delete not used image」というプラグインです。

プラグインが記事内で使っていない画像を自動判別してワンクリックで画像が削除できるのでとても便利です。詳しい導入方法や使い方について次の記事で紹介してあります。

WordPressというのはアップロードした画像以外にも色々なサイズの画像が自動生成されるのでその不要な画像が容量を圧迫する原因になります。そこでここではWordPress内で使用されていない画像を自動検出して一括削除できる「DNUI - Delete not used image」というプラグインの使い方について紹介します。このプラグインを使うと1つ1つ削除していく手間が省けるのでディスク容量を少しでも節約したいという人にはおススメです。

もしサムネの自動生成機能を停止したけどそれ以前に作成された余計なサムネが残っているなら使ってみてください。

4.アップロード時の画像を自動リサイズ

画像を記事内に表示するときあまりにも幅や高さがでかすぎる画像の場合はリサイズしてアップロードすると思います。

ただ手動でリサイズしていると時々忘れてしまうこともあるかもしれないので、それを防ぐために便利なのが次の記事で紹介した「Resize Image After Upload」というプラグインです。

WordPressで記事幅より大きい画像をアップロード時、記事幅に一括自動リサイズさせる方法を紹介します。大きすぎる画像は潰れてしまうので綺麗に画像表示したい、そういう方は是非お試しを!

このプラグインを使えばアップロード時にプラグインが自動で指定した画像サイズにリサイズしてくれるのでファイルアップロード時に編集ソフトなどを使ってリサイズする手間が省けるので便利です。

ディスク容量で悩まないためには...

ここで紹介したプラグイン・方法を試せば、大幅にディスク使用量節約になります。

でもディスク容量が少ないサーバーを使っているなら・・・
いくら節約してもディスク容量が満杯になるまでの時間稼ぎにしかなりません。

なのでディスク使用量の問題を根本的に解決するなら、
初めからディスク使用量の多いサーバーを選ぶようにした方がいいと思います。

またWordPressでサイトやブログを運営していくなら、
それに加えて次のような条件も快適な運営をしていくのに必要です。

  • 高速でページ表示速度が速い
  • サーバーが安定していて落ちにくい
  • 高機能で初心者にも使いやすい

詳しくは コチラのページで解説したので、ご覧ください。

WordPressでブログなどを運営するならはレンタルサーバー選びがとても重要です。ここでは長くブログを続けていくために大事なレンタルサーバー選びの4つのポイントについて紹介します。

もしこれから WordPressでサイトやブログを作る 、
あるいは サーバーを乗り換える予定 があるならサーバー選びは慎重に…

まとめ

ここではディスク使用量の節約術として次の4つを紹介しました。

  • アップロード済みの画像ファイルの圧縮
  • 不要なサムネ画像の削除
  • 不要なサイズのサムネ画像を生成しない
  • 画像アップロード時に自動リサイズ

画像ファイルというのはディスク容量に占める割合が多くなりがちなので、もしサイトやブログで画像を頻繁に使用しているならここで紹介した節約術を試してみるといいかもしれません。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press