★★★ 2019年最新版 個人ブロガーに超お得なASPまとめ ★★★

WordPressでアドセンスが表示されない原因トップ5

WordPressでアドセンスが表示されない原因トップ5

アドセンス初心者にありがちなのが、こういうトラブル

  • 広告を貼ったのになぜか表示されない
  • 表示されるけど少し表示がおかしい

特にWordPresssの場合、ちょっとしたミスとか勘違いで表示できないことが多いです。

そこでWPでアドセンス表示できない原因と対処法トップ5を紹介

もしアドセンスが表示されないときは、この5つを疑ってみてください。

原因1.投稿画面から直に貼り付けているから

まずWP初心者にありがちな理由がコレ

投稿画面で広告コードを直貼りしてしまっているから

自分もWP初心者のときにやってしまいがちでした。

たとえば過去の自分の場合、こういう感じでトラブルに遭遇してます。

1.編集画面のテキストエディタを開き、広告のコード貼り付け

ここまでは正常に表示される
編集画面のテキストエディタから広告コードを貼り付けしてない?<

2.そのあと投稿保存し、ビジュアルエディタを開く

↓ アレ?なんかおかしい・・・

3.そのあと投稿画面を見てみると・・・

投稿画面のテキストエディタから貼り付けると、補完機能が働いて広告タグが壊れる

分かりますか?
この画像みたいに余計なタグが補完されてるのが

これは次の2点でよろしくないです。

  • 正常に広告が表示されなくなる
  • アドセンス規約のタグ改変に当てはまる

仮に広告表示できても、規約違反になる可能性大

参考記事 : アドセンスアカウント停止を防げる5つの対策

ペナルティとか最悪アカBANになることだけは避けたいですね。

この問題の解決策は投稿画面から直に貼り付けないことです。

つまりアドセンス管理用のプラグインを使えばOKということ

 ↓ 特にアドセンス管理でピカイチなプラグイン

WordPressでのアドセンス管理をもっと楽にしたい・・・そんな方にオススメの超便利なプラグインをまとめました。自分自身がよく使っているもの中心に紹介します。ではまず1つめは Ad Inserter というプラグイン・・・

"神プラグイン" とか大袈裟なタイトルをつけてますが、
本当にアドセンス管理が楽になるので自分自身もよく使ってます。

無駄な作業が減る分、記事作成に集中できるので特にオススメです。

原因2.レスポンシブの設定をしてないから

2つめはレスポンシブ広告の設定が正しくないから

レスポンシブ広告って便利ですよね?

  • 画面の幅をまったく気にしなくて済む
  • 1つのコードでスマホ・PCに対応できる
  • 端末ごとに適切な広告を表示してくれる

実際にレスポンシブを使ってるけど、
スマホとPCそれぞれの幅に合わせて表示してくれて本当に便利です。

ただし!

デフォルトの広告タグを貼り付けた場合、
次のようなおかしな表示になってしまうこと もあります。

  • なぜか広告が表示されない、
  • 画面幅に収まらずに途中で切れる、
  • スマホだけ画面からはみ出る

これはタグが適切に設定されてないから

なのでどの端末でも表示されるようにタグを治す必要あります。

 ↓ 詳しい直し方は次記事で解説したのでチェック

グーグルアドセンスのレスポンシブ広告が表示されないのは画面幅に応じた適切な広告幅が設定されていないからです。ここでは広告タグを修正してどのような画面幅でも表示する手順について詳しく紹介していきます。

タグ改変してますが、アドセンス規約で禁止されてないので心配ありません。

レスポンシブ広告を使うことが多いなら、
収益に大きくかかわるかもしれないから絶対すべき設定です。

原因3.コンテンツポリシー違反の記事だから

ご存知のように、アドセンスには規約があります。
コンテンツポリシーとか呼ばれてて、かなり厳しめな内容。

その規約違反する記事には広告表示できません。

それどころかアカウント停止のリスクすらあるから怖いですね。

例えば規約違反な記事はこんなの(ほんの一例)

  • 成人向けの文章などを書かれている
  • 個人・集団・を誹謗中傷している
  • お酒について言及したり販売している
  • タバコ関連の商品を宣伝・販売している
  • ポイントサイトの紹介をしている

特にブログに当てはまりそうなのは、この5つ

ただし、これはほんの一例なので、違反になる内容は他にもあります。

詳しくはアドセンス公式を参照してください。

参考記事https://support.google.com/adsense/answer/1348688

アドセンスは審査も厳しいけど、
審査に受かった後もものすごく厳しいのを忘れずに!

合格すれば「あとは何やってもOK!」で済まないのがアドセンスです。

原因4.価値の低すぎる記事だから

4つめはブログ的にも致命的な原因

記事そのものに価値がなさすぎるから・・・

これはアドセンス以前に、ブログ運営してる人は本当に気を付けた方がいいです。

たとえば価値がないコンテンツの具体的を上げるなら、次みたいな記事

  • 数行だけの日記ブログ的なの
  • 他ブログからパクった害悪パクリ記事
  • 引用ばかりが多い内容の薄い記事

仮にあなたが広告主の立場になって考えてみてください。

こんな記事にお金を出して広告出したいと思いますか?

自分だったら、そんなとこに "絶対" 広告なんて出してほしくない です。

そこでアドセンス側が気を利かせて、
そういう記事に広告を出さないように調整してくれてる訳です。

この対処法は簡単。価値の低い記事を書かないこと。

裏を返せば、価値の高いオンリーワンな記事を書き続ければいいだけ

2019年6月のGoogleコアアップデートを受けて、本当に価値ある記事について考え直してみました。このブログも多少影響を受けたので、これからのブログ運営方針とかを見直すいいきっかけになりました。そこらへんも含め、考えたことをまとまりがないけど、まとめます。
アクセス数が増えない残念なブログの特徴と増やし方を300記事書いた経験を元にまとめました。特にアクセス数が全然増えない、あるいはゼロ(0)という方必見です!では1つめの特徴は何かというと・・・

少なくともパクリとか引用ばかりのペラペら記事は書いちゃダメです。そういう低品質な記事は今までもそうだったけど、これからもっと風当たりが厳しくなります。

原因5.公開したばかりの記事だから

実はこれも広告表示されない原因

公開されたばかりの記事で広告表示されないから

これは自分も経験があって、

アレ?なぜかこの記事表示されてない..
あ、でも古い記事は表示されてるな・・・

みたいなことが多かったです。

特にできたばかりのブログだと、
アドセンス側も慎重になるから表示されないことが多いかもしれません。

これについては 待つという対処法 しかないです。

過剰に心配するくらいなら、ネタ集めとか新記事作成に励んだ方がマシ

原因+α.広告表示されないなら次も疑おう

最後にそれほど多くないけど、広告表示されない些細な原因について

疑った方がいいのは、この2つ

  • 広告ユニットを作成したばかりかどうか
    ⇒ 広告ユニットは作成後に表示されるまで時間がかかる。30分~1時間まとう
  • そもそも記事が公開されているかどうか
    ⇒ 広告は下書き状態の記事では表示できない。必ず公開状態にする必要あり

ここまで疑っておけば、広告表示されないことは多分ないはずです。
(もちろん 価値の低い or 規約違反でない という前提・・・)

広告表示されない原因まとめ

最後に紹介した原因を箇条書きでおさらい

まあ全部じゃないんですが、WPならこういう原因がほとんど

なのでアドセンス表示できないときは、真っ先に疑ってみてください。

必ず表示されるようになるはずです。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press