★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPress内でFTP不要のファイル操作!「File Manager」の紹介

WordPressはデフォルトでアップロード機能が充実しているのでわざわざFTPソフトを起動するということは少ないと思います。

もちろんWordPressを自力でインストールするならFTPが必須ですが、レンタルサーバーのクイックインストール機能を使えばFTP自体に触れること自体ないかもしれません。

ただそれでも場合によってはFTPが必要になることもあるので操作に慣れていない場合はかなりきつい作業になります。

そんな時に便利なのが「File Manager」というプラグインです。これを使えばファイルのアップロード・移動・削除・リネームなどの操作がWordPress上だけで全てできてしまいます

そこでここではそのプラグインの導入方法と機能についていくつか紹介していきます。

File Managerの導入

では早速「File Manager」をWordPressにインストール・有効化して導入してみましょう。

まずメニューから「プラグイン」ー>「新規追加」を開きます。

開いたらプラグインの検索欄に「file manager」というキーワードを入力すると検索結果の一番上に次のようなプラグインが表示されるので「今すぐインストール」ボタンを押してインストールします。

File Managerプラグインのインストール

このプラグインは次のページからダウンロードして直にインストールも可能です。

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-file-manager/

インストールが完了したら「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので必ずそれを押して有効化してください。

これでWordPress内でFile Managerが使用可能になりました。

File Managerの機能

ではインストールしたらFile Managerを開いて使ってみましょう。

まずメニューにある「WP File Manager」を開きます。

次のようなファイルマネージャー画面が表示されます。

File Managerのファイル操作画面

この画面では次の図で示したようにエクスプローラーで対象のファイルやフォルダを選び(①)、上のエリアにあるコマンドボタンを押す(②)ことで対応するファイル操作を行えるのでとても簡単で使いやすいです。

ただしこのプラグインは一部の機能はPro版(有料版)を購入しないと使用できません。ただ無料版だけでもとても機能が豊富でFTPソフトでできることを一通り行うことができます。

その主な機能は次の通りです。

ファイルのアップロード

ファイルをアップロードするには次の画像でオレンジ色の枠で囲ったコマンドボタンを押します。

すると次のようなダイアログが表示されるので、点線で囲まれた部分にファイルまたはフォルダをドロップするか下の方の「Select files」「Select folders」ボタンを押すことでファイル選択ダイアログからファイルやフォルダをアップロードできます。

ただし最大アップロードサイズはデフォルトで20MBです。

もしこの上限を解除したいならPro版を購入することで「Settings」から変更することができるようです。

もし20MB以上アップロードしたいけどPro版は購入したくないという場合はFTPソフトを利用しましょう。

ファイル・フォルダの新期作成

フォルダを作成するにはコマンドボタンから次の画像で示したようにフォルダアイコンのボタンをクリックします。

このボタンを押すと新しいフォルダが作成されます。

またファイルを作成するにはコマンドボタンから次のオレンジ色で囲ったファイルアイコンのボタンを押します。

押すと空のテキストファイルがエクスプローラーに表示され、名前と拡張子を変えれば新しいファイルが作成されます。

リネーム

コマンドボタンの中から次の画像でオレンジ色で示したものがファイルやフォルダをリネームするためのボタンです。

ただしこのボタンを押す前にリネームしたいファイルやフォルダを1つ選択しておいてください。

ボタンを押すと選択したファイルの名前がエディタから変更できるようになります。

コピー・切り取り・貼り付け・削除

この4つの基本的な操作を行うコマンドボタンは次の画像のオレンジ色で囲った4つです。

左から順に「コピー」「切り取り」「貼り付け」「削除」となっています。

他にもあるこんな機能

このプラグインにはほかにもファイル操作に便利な機能が数多くついています。

例えばいくつか例を挙げるとすると、

  •  - ファイルの編集
    選択したファイルをエディタで開いて変更・保存する機能
  •  - やり直し・元に戻す
    ファイル作成、保存、切り取り、貼り付け、削除などのファイル操作を1つ前に戻したり進めたりする機能
  •  - ファイル情報の取得
    ファイルサイズ・更新日・パーミッション(権限)などを確認する機能
  •  - ファイルの解凍・圧縮
    複数選択したファイルやフォルダをzipファイルに圧縮したり解凍して元に戻す機能
  •  - ファイルのソート
    今開いているフォルダ内のファイルを名前・サイズ・種類・更新日・パーミッションなどで降順または昇順で並び替える機能

などなど...

無料版でもこれだけの機能が使えるのでかなり高機能ですね。

FTPソフトを使わないといけないけど起動するのは面倒くさいという人や全てWordPressで完結させたいという人にはうってつけのプラグインだと思います。

このプラグインを使う時の注意点

「File Manager」はとても高機能で使いやすいプラグインですが、1つ注意点があります。

それは先ほど紹介したように一度にアップロードできる転送量が20MBで制限されているということです。

もちろんこれは無料版の制限なのでPro版を購入すれば次のように設定画面から上限を変更することは可能です。

ならこれでどんなサイズでもアップロードできるかというとそうでもありません。

レンタルサーバーではPHP側の設定(php.iniというファイル)で一度にアップロードできる上限が5MBとか10MBと決まっています。

なのでそれ以上アップロードするには次の記事でもやり方を説明したようにその設定を変える必要があります。

WordPressでサイズが大きいメディアファイルをアップロードすると失敗したことありません?それはWordPressではアップロードできるファイルサイズに上限があるからです。その上限の設定はWordPress側ではなくレンタルサーバーで変更する必要があります。設定方法もそれほど難しくないので、ここではその上限を変更する3つの方法について紹介します。

もしアップロードファイルが20MB以内なのにアップロードに失敗する場合はこの設定を変更してみてください。

まとめ

WordPressを使っているとFTP操作でファイルをアップロードすることはほとんどないです。

ただし、それでもFTP操作が必要になることがあるかもしれないので、そのときは今紹介した File Manager が役立つと思います。

以上、FTP代わりになる便利プラグイン File Manager の導入・使い方についてでした。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press