★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

wwwのありなしをWordPressで統一する方法【URL正規化】

WordPressでwwwのありなしを統一する方法をどこよりも詳しく丁寧に解説

ブログにアクセスするとき、URLに wwwがある状態 と wwwがない状態 の両方が存在していると、重複ページが2つあるとみなされてしまいます。

そうなるとSEO的にあまりよくないので「URLの正規化」のために、このアリナシは統一した方が良いです。(というか必須)

この統一方法は検索すればいくらでもやり方が出てきますが、WordPressを使っている場合はそれをそのまま試しても上手くいかないケースもあるかもしれません。

そこでここでは、 WordPressでURLのwwwのありなしを統一する方法 をどこよりも分かりやすく紹介していきます。

wwwのありなしはなぜ統一した方がいいの?

やり方を紹介する前になぜURLを統一した方がいいか少しだけ解説。

例えば、次のようなwwwありとなしの2つのURLを考えてみてください。

https://www.fukuro-press.com
https://fukuro-press.com

ブラウザでこの2つをそれぞれ打ってアクセスしたとき、そのURLのままでページにアクセスできてしまうのがwwwのありなしが統一されていない状態です。

そしてこのようにURLが統一されていないとSEO的なマイナスが生じてしまいます。

例えばそのマイナス点をいくつか挙げるとすると・・・

  • Googleなどに重複コンテンツとみなされる恐れあり
  • ページの評価が分散してしまうので評価が下がる
  • 外部からもらった被リンクの効果が薄まってしまう

・・・などなど

これらのデメリットについては次の記事でも解説しました。

URLのwwwのありなしが統一されていたほうがいいと言われる理由は主にSEO的にデメリットがあるからです。ここではそのデメリットとURLをwwwありまたはなしのどちらかで統一する方法について紹介します。

上の記事でも書いたようにURLが統一されていないとページの評価が分散したりコピーコンテンツだと思われるリスクもあります。

そうするとペナルティなどを受ける可能性もあるので、そのリスク回避としてwwwありなしの統一してURLを正規化(同じにすること)が役立つという訳ですね。

wwwありなしを統一してURLを正規化するには

それではURLを正規化する方法について紹介します。

その手順は次の通り

  1. ルートディレクトリの .htaccess を開く
  2. そこにwwwありなしを統一する設定を記述
  3. 設定が上手くできたかブラウザで確認

この3つの設定手順について順番に説明していきます。

1. ルートディレクトリの .htaccess を開く

まずは自分のブログやサイトのサーバーの一番上のフォルダ(ルートディレクトリ)にある「.htaccess」という名前のファイルを開きましょう。

FTPソフトやレンタルサーバーのファイルマネージャーを使って一番上のフォルダにアクセスすれば次の画像のように目的のファイルが見つかるはずです。

URLのwwwありなしを統一するには、まず .htaccess というファイルを開く

ただし .htaccess は一番上のフォルダ以外の場所にもあるのでそれ以外のファイルを開かないよう注意です。

そして編集する前は必ず .htaccess のバックアップを必ず取ってください

このファイルはブログのアクセス設定が書かれたとても重要なファイルなので間違った記述をすると最悪ブログが開けなくなる恐れがあります。

そのような場合にすぐに復旧できるように名前の前にアンダーバー(_)をつけて「_.htaccess」のような .htacess のコピーファイルを作っておきましょう。

2. wwwありなしの設定を記述

では次に .htaccess 内に設定を記述してwwwありなしを統一してみましょう。

URLを統一する方法は次の2通り

  • wwwなしでURLを統一
  • wwwありでURLを統一

これはどちらの方がSEO的に有利とかそういうことは一切ありません。

もし今までwwwなし(あるいはその逆)の方を日常的に使ってきたならそちらの方に統一すれば問題ないです。

ではこの2つのやり方をそれぞれ紹介していきます。

wwwなしでURLを統一

wwwなしで統一する場合の .htaccess への記述する内容は次の通りです。

# wwwなしに統一
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.(.*)$
RewriteRule ^(.*)$ https://%1/$1 [R=301,L]
</IfModule>

この内容はドメイン名に合わせて変更などする必要は一切ありません。

そのままコピペでOKです。

ただし1つ注意点として必ず次のようなWordPressのリダイレクト設定が書かれている場所の上に追加するようにしてください

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

WordPressを使っているなら「# BEGIN WordPress」~「# END WordPress」までの箇所が必ずあると思います。必ずこの上に追加してください。

つまり次の画像のようにすればいいということです。(オレンジ色の枠で囲った部分が追加した記述)

もしWordPress設定より下の方に記述してしまうと正しくリダイレクトされないので注意しましょう。

wwwありでURLを統一

wwwありで統一したい場合は .htaccess に次のような内容を追加します。

# wwwありに統一
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\.
RewriteRule ^(.*)$ https://www.%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
</IfModule>

この内容をこのままコピペして貼り付ければOKです。

ただしこちらもwwwなし設定と同じように必ずWordPress設定(「# BEGIN WordPress」~「# END WordPress」までの部分)の上に記述するようにしてください。

それより下に記述してしまうことがないように注意しましょう。

3. URLが統一されたかどうか確認する

では最後にURLが統一されたかどうかブラウザのアドレスバーから確認してみましょう。

確認の仕方は次の通り

もしwwwなしの方で統一する設定にしたならまずアドレスバーにwww付きのページへのURLを入力します。(ここではトップページ)

そしてそのページにアクセスしてみてURLが次のようにwwwなしになれば成功です。

もしwwwありに統一したならこの方法と逆のことを試してみてください。

統一した方にリダイレクトされればURLの正規化は上手くいっています。

まとめ

wwwありなしは .htaccess に数行のリダイレクトの記述を追加すればいいだけなので設定自体はそれほど難しくありません。

ただしWordPressを使っている場合は独自の記述があるので、WordPress設定より必ず上にリダイレクト設定の記述を書くようにしましょう。

また .htaccess は大事なファイルなのでバックアップを取ることも忘れないでくださいね。

以上、WordPressでURLのwwwありなしの統一をする方法を紹介しました。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press