★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

AddToAnyで記事シェア率UP!SNSボタン設置手順を徹底解説

記事を多くの人に読んでもらうならSNSなどで記事を共有してもらう必要があります。

もちろん検索からの流入も大事ですが、SNSなら一人が記事を共有するとその記事を他の人が共有することで多くの人に記事を読んでもらいやすくなります。

記事内にただSNSボタンを表示するだけでも拡散効果はあると思いますが、もっと記事の拡散力を高めるいい方法はSNSボタンを常に画面内に固定表示することです。

ここでは「AddToAny Share Buttons」というプラグインを使って記事内にSNSボタンを固定表示する方法について解説します。

AddToAny Share Buttonsの導入

このプラグインをインストールするにはメニューから「プラグイン」ー>「新規追加」と進んでプラグイン名を検索欄に入力すると次のように検索結果に出てくるので「今すぐインストール」を押してインストールしてください。

以下のプラグインページから直接ダウンロードして使うことも可能です。

https://ja.wordpress.org/plugins/add-to-any/

インストールしたら「有効化」ボタンを押して有効化してください。

シェアボタンの基本設定のやり方

まず画面内に固定されるフローティング共有ボタンを作る前にプラグインの基本設定をしておきます。

まずメニューから「設定」ー>「AddToAny」を選択してください。

選択すると次のような「AddToAny 共有設定」という設定画面が出てきます。

既に「Standard」というタブが開かれていると思いますが、この画面でSNSボタンの種類などの基本設定を次の手順で行います。

1.表示するシェアボタンの追加

表示するSNSやサービスの共有ボタンを追加・削除するには「Share Buttons」という項目から設定できます。

この項目で「サービスの追加/削除」というボタンを押すと次のようにずらずらと追加可能な共有ボタンが表示されます。

この中から追加したいボタンをクリックすると共有ボタンが選択されて追加されます。追加した共有ボタンはドラッグ&ドロップで順序を変えることも可能です。

これだけ共有ボタンの数が多いと何を追加すればいいのか分からなくなりますが、最低限次の共有ボタンは表示しておいた方が良いですね。

  • Twitterシェアボタン

    多くの人が利用しているおなじみのSNSです。記事を多くの人に拡散してもらいたいならTwitter共有ボタンは必須です。
  • Facebookシェアボタン

    これもTwitter同様、記事を拡散するのに欠かせない共有ボタンです。
  • Google+シェアボタン

    Google+は利用者はそれほど多くないですが設置しておけば少しでも拡散効果が期待できます。
  • はてなブックマークボタン

    有名なブックマーク系サービスです。最近は利用者が少なくなってきましたがまだまだ拡散力はあります。
  • Pocketボタン

    後で読む記事をストックしておけるサービスです。最近人気が出てユーザー数も増えてきたサービスです。
  • instapaperボタン

    これもPocket同様、後で読む系のサービスです。機能面ではinstapaperの方が高機能なのでこちらを使っている人も多いようです。
  • Flipboardシェアボタン

    多くのスマホに対応している雑誌型のSNSです。スマホユーザーは多いので拡散効果が期待できます。
  • Lineシェアボタン

    Lineは国内でシェア率がかなり高いSNSです。ユーザー数が多いので記事の拡散に役立つと思います。

記事の拡散力を高めたいなら最低限これらの共有ボタンは入れておきましょう。

2.シェアボタンの場所の調整

このプラグインには記事下など特定位置に共有ボタンを設置する機能もありますが、固定表示する共有ボタンを作る場合は不要な機能です。

なので「ブックマークボタンの場所」という設定項目で次のように全てのチェック項目からチェックを外します。

もちろん記事下などにも共有ボタンを表示したいならチェックをつけたままでいいですが、ここでは共有ボタンを固定表示するのであまり意味はないです。

設定を変更したら「変更を保存」ボタンを押して保存してください。

これで共有ボタンの基本設定は完了です。

シェアボタンを固定表示させるには

共有ボタンを固定表示するには「AddToAny 共有設定」で下の画像でオレンジ色の枠で囲った「Floating」タブを開いてください。

この画面で固定表示されるボタンを作ります。

PC向け縦型シェアボタンの作成

初めに画面幅の広いPCなどで縦向きに表示される縦一列に並んだ共有ボタンを作成します。

まず「縦ボタン」という項目の中にある「ブックマークボタンの場所」から「 」または「右 」のいずれかにチェックをつけてください。今回は左にドッキングさせます。

そして「レスポンシブ化」という項目で画面幅が何ピクセル以上で縦ボタンを表示するかを入力します。記事幅は800~900ピクセルのテーマが多い出のここでは次のように幅が850ピクセル以上で縦ボタンを表示するように「850」と設定します。

これで「変更を保存」を押してPCなどでサイトを開いてみると左側に縦一列に共有ボタンが表示されるようになります。

共有ボタンの位置や左や右から距離なども設定から変更することは可能です。

スマホ向け横型シェアボタンの作成

次に画面幅が小さいスマホ向けの横一列に並んだ横ボタンを作成します。

まず「横ボタン」という項目の下にある「ブックマークボタンの場所」から「 」または「右 」のどちらかを選んでチェックをつけてください。

そして縦ボタンの時とは逆に「レスポンシブ化」で画面幅が何ピクセル以下の時に横ボタンを表示するか設定してください。ここでは縦ボタンが850ピクセル以上で表示されるのでそれに合わせて「850」と入力します。

以上の設定をして「変更を保存」ボタンを押してスマホでサイトを開いてみると画面左下に横一列で共有ボタンが表示されるようになります。

ただしスマホの画面は小さいのでボタンが入りきらないこともあります。

そういう場合は「アイコンサイズ」からボタンの大きさを調整してください。

もしシェアボタンを6~8個以上設置してる場合は上画像みたいに30ピクセル以下の値を設定すれば収まるはずです。

記事のシェア率UPには次の対策もおすすめ!

ここまで説明したように AddToAny を導入して画面端にSNSボタンを表示するだけでも記事のシェア効果はあります。

しかし、さらに記事のシェア率を上げたいなら次のような対策もおすすめ

SNSボタンの表示に加えてこのような対策もかなり効果があることでしょう。

詳しくは次の記事でやり方をまとめたので、そちらをどうぞ

記事を多くの人に読んでもらうにはTwitterなどのSNSを使って多くの人に記事を拡散してもらうことも重要です。そこでここではWordPressで手軽にできる記事の拡散力を高めるための6つの方法について導入・設定手順を詳しく紹介していきます。

プラグインやツールを使えば数十分もかからないので是非試してみてください。

まとめ

ネットユーザーにおけるSNSの利用率は増えてきているので記事を多くの人に見てもらいたいなら共有ボタンの設置は欠かせないと思います。

しかしただ記事下などに共有ボタンを設置するだけだと読者の目に共有ボタンが止まらないので今回紹介した「AddToAny Share Buttons」を使って固定表示することで記事を共有してもらえる確率も高くなるはずです。

多くの人に読まれるサイト・記事を作りたいなら「AddToAny Share Buttons」は非常に役立つので是非使ってみてください。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press