★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

新サーチコンソールへのサイト登録 完全マニュアル【2019最新】

新サーチコンソールへのサイト登録 完全マニュアル【2019最新】

サーチコンソール(Search Console)も 旧 ⇒ 新 に移行し始めてきました。

初めの頃は違和感があったけど、
今では 新 の方がシンプルでスッキリしてるし、何かと使いやすさは感じますね。

 ↓ ちなみに新コンソールでの fetch as google のやり方

新サーチコンソールだと Fetch as Google を使えないとに思っている人は多いかもしれませんが、実はちゃんと使えます。でも操作方法が初見だとかなり分かりにくかったので、その手順についてまとめてみました。

この記事みたいに fetchs as google も 旧 ⇒ 新 に引き継がれてます。

ただサイト登録の手順、これが本当に分かりにくい!

私もサイト登録を試してみようとしたんですが、
「サイト登録」のボタンすら、どこにあるか分からなくて迷いました

あと新サーチコンソールだと、新しいサイト認証方法も追加されたみたいです。

自分自身もサイト追加を利用しているので、
ここでは 新サーチコンソールでのサイト登録手順 を色々まとめます。

まず新サチコでのサイト登録画面の開き方

まず サイト登録 の開き方、これが 新サチコ だとすごく分かりにくい

旧だとすぐ見つかったんですが、新だと分かりにくい場所に移動されちゃいました。

その開き方は次の通りです。

まず 新サーチコンソール にアクセス

アクセスしたら、プロパティ(サイトURL)が表示されてる場所 をクリック

下画像の赤枠で囲ったところ

まずプロパティ(つまりサイトURL)が表示されているところをクリック

そうするとプロパティの検索欄が開くので、
追加したいドメインを入力すると「プロパティを追加」がでてきます。

+ プロパティを追加」をクリック

プロパティを追加するには「+ プロパティを追加する」ボタンをクリック

そうすると、次みたいなダイアログが出てくるはず

ここからサイト登録(プロパティ追加)ができます。

プロパティを追加するダイアログ。新サーチコンソールだと「URLプレフィックス」と「ドメイン」の2種類の方法が選べるようになった模様

このダイアログを見ても分かりますが、サイト登録の方法は次の2通り

  • ドメイン ← NEW!
  • URLプレフィックス

「ドメイン」は 新コンソールで新たに追加された認証方法 、
「URLプレフィックス」は 旧サチコ から引き継がれた機能です。

難易度的には「URLプレフィックス」の方が簡単かも

ではこの2つの方法、その具体的なやり方を順々に紹介していきます。

「URLプレフィックス」でのサイト追加のやり方

初めは「URLプレフィックス」によるサイト追加方法について

これは旧サーチコンソールから引き継がれた機能です。

ただしこの方法を試すなら、URLのwwwの統一 とか https化 はお忘れなく

 ↓ wwwのありなしを統一する方法(WP以外でもOK)

SEO対策のためにURLのwwwありなしはどちらかに統一した方がいいです。ここでは特にWordPress向けにURL内のドメインの前につくwwwをありまたはなしのどちらかに統一する方法について解説していきます。

 ↓  WordPressを一発でhttps化する方法

WordPressのhttps化(SSL化)に頭を悩ませている方は多いですよね。そこでここではブログを一発でhttps化できるとても便利なプラグイン「Really Simple SSL」の導入手順について説明します。本当に面倒な手順なしでできるのでおすすめです。

「URLプレフィックス」だと複数URL(wwwの有り無しが統一されてない場合とか、https・httpが混在してる場合とか...)に対応してません。

なので初めにURLはなるべく統一しておきましょう。

URLの統一ができたら、次の手順でサイト登録ができます。

ではまず、 プロパティの追加 ダイアログで「URLプレフィックス」を選び、
追加サイトのURL(httpsも含める)を入力し、続行ボタンをクリック

旧サーチコンソールと同じサイト認証をしたいなら、「URLプレフィックス」を選ぶ

そうすると 所有権の確認 ダイアログが出てきたはずです。

その中の「HTMLファイル」に表示されてるファイルをダウンロードしましょう

赤枠で囲ったところをクリックすると DL が始まる

まず「HTMLファイル」に表示されているファイルをダウンロードする

ではファイルがダウンロードされたら、
そのファイルをサイトの一番上のフォルダにアップロードしてください

これについては、FTPソフト とかレンタルサーバーの WebFTP を使うのが簡単です。

あとWordPressの場合、FTPなしでファイル操作できるプラグインもあります。

 ↓この記事で詳解した File Manager というプラグイン

WordPressでFTP操作が必要だけど操作に慣れていないまたは面倒な時に便利なのが「File Manager」というプラグインです。これを使えばファイルのアップロード・移動・削除・リネームなどの操作がWordPress上で全てできてしまいます。とても便利なのでここではそのプラグインの導入方法と機能についていくつか紹介していきます。

もしWordPressを使っているなら、こういうプラグインもオススメ

ではファイルがアップロードできたら、新サーチコンソールに戻りましょう。

サイト認証が終わるまで、しばらく待ちます。

そしてサイト認証が完了すると・・・

「所有権を自動確認しました」ダイアログが表示されればサイト登録完了!

こういう「所有権を自動確認しました」ダイアログが表示されればOK!

以上が URLプレフィックス を使ったサイト登録の方法

旧コンソールと同じ感じでできるので、
慣れないことをしたくないなら、コチラの方法を使うのが確実だと思います。

「ドメイン」によるサイト追加方法のやり方

お次は「ドメイン」を使ったサイト認証方法について

これを使ってサイト登録する利点は次の3つ

  • サブドメインも含めて追加できる
  • URLのwwwありなしを気にしなくていい
  • http、httpsの区別なく利用できる

こういう風に、全てのサブドメインの全URLが解析できるみたい です。

ただDNSレコードの追加とか、少し面倒な手順が必要なので中級者向けですね。

その手順は次の通り、、、

まず プロパティの追加 ダイアログで「ドメイン」を選び、
追加サイトのドメイン(URLではない)を入力し、続行ボタンをクリック

 ↓ ドメインだけ入力して続行

まずプロパティの追加ダイアログで「ドメイン」を選び、追加サイトのドメインを入力

そうしたら、ダイアログが表示されましたよね?

その中の "google-site-verification=..." みたいな文字列をコピーしてください

このダイアログの赤枠で囲ったところに注目!

「google-site-verification=...」みたいな文字列をコピーする。これの値を持つDNSレコードを対象ドメインに追加する必要あり

ではコピーしたら、追加したいドメインを管理してるプロバイダを開いてください。

例えば お名前.com とか ムームードメイン とか エックスドメイン とか・・・

ここで追加するドメインは "お名前" で管理してたので、
ここでは "お名前.com" を使った認証方法を紹介します。

ではまず お名前.com にログイン

そしてメニューから「ドメイン設定」をクリック

ドメイン設定が開いたら、
ネームサーバーの設定」ー>「DNS関連機能の設定」を見つけて開いてください。

お名前.comで「ネームサーバーの設定」ー>「DNS関連機能の設定」を開く

 ↑ DNS関連機能の設定 を開く

設定画面が開いたら、下の方にスクロール

下の方に進むと「DNSレコード設定を利用する」があるので、
その横にある「設定する」ボタンをクリック

 ↓この画像の赤枠で囲ったボタン

お名前.comで「DNSレコード設定を利用する」の横にある「設定する」ボタンをクリック

こういう画面が出てきましたか?

DNSレコード設定画面が出てくればOK

お名前.comのDNSレコード設定画面。ここでサイト登録に必要なDNSレコードを追加する

そうしたら画面下にスクロールして、DNSレコードを追加するエリア を見つけてください、

こういうの、最初は何も入力されてないはず

お名前.comのDNSレコードを追加するエリア

そうしたら、さっき "google-site-verification=..." みたいな長ったらしい文字列をサーチコンソールからコピーしましたよね?

なので次画像の通り、「TYPE」に "TXT" を選択、「VALUE」に "google-site-verification=..." を入力して「追加」ボタンを押してください。

追加すべきDNSレコードの入力例

こういう感じでDNSレコードを追加すればOK

何をしてるかについて、深く考える必要はないです。(そういう手順というだけ)

でも「DNSレコードって何?」という人は調べてみると面白いかも、
自分も詳しくはないけど、ドメインについて新しい知見が広がるかもしれません。

ではDNSレコードを追加したら、
画面の一番下にスクロールして「確認画面に進む」をクリック

下画像みたいな確認画面が出てくるので、
内容に間違いがないか、変な入力をしてないか、よ~~く確認してください。

DNSレコード追加の確認画面

では内容をしっかり確認したら「設定する」ボタンをクリック

あとはDNSレコードが反映されるまで、少し待ちます。(数分くらい?)

では少し待ったら、新サーチコンソールの方に戻ってください。

そしてさっきのダイアログの「確認する」ボタンをクリック

DNSレコードを追加したら、新サーチコンソールの方に戻り「確認する」ボタンをクリック

もしDNSレコードの設定が上手くできていれば、
次みたいな「所有権を確認しました」というダイアログが表示されたはず

サイト認証が上手くいけば「所有権を確認しました」ダイアログが表示される

以上で ドメイン を使ったサイト登録は完了!

ダラダラとよく分からない手順ばかりで、かなり面倒くさかったと思います。

でも「URLプレフィックス」を使った方法と比べ、
サブドメインもまとめて追加できるので、面倒さ以上のメリットはあるかもですね。

新サチコでのサイト登録についてまとめ

ここまで紹介したように、サイト登録方法は次の2つ

サブドメインまで管理したいなら、ドメインを使った方法、
面倒なことせずサクッと追加したいなら URLプレフィックス がお手軽です。

以上、新サーチコンソールでサイト追加についてでした。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press