★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

「 フク郎 」一覧

ローカル開発したWordPressを本番環境に移行する方法

ローカル開発したWordPressを本番環境に移行する方法

WordPressをローカルから本番環境(サーバ)に移すときはデータベースの移行やリンクの書き換えが必要です。しかしそれを人力でやるのはほぼ不可能なのでDuplicatorというプラグインを使えば移行が楽になります。ここではDuplicatorで移行元のWordPressのアーカイブを作り、移行先でそれをインストールする一連の手順を解説します。

WordPressでjQueryが動かないときに確認したい4つのポイント

WordPressでjQueryが動かないときに確認したい4つのポイント

jQueryはjavascriptを簡潔に書くためのライブラリでWeb開発には欠かせません。WordPressでもあらゆる箇所でjQueryが使われていますが、これを使ってオリジナルのスクリプトを書きたいと思った場合はいくつか注意点を守らないとスクリプト自体が動作しません。そこでここではjQueryが動かないときに特にありがちで気をつけなくてはならない4つの注意点について紹介します。

simplicityのSNSボタンのデザインを記事下とタイトル上で変える方法

simplicityのSNSボタンのデザインを記事下とタイトル上で変える方法

WordPressのテーマsimplicityでは標準でTwitterやFacebook、はてなブックマークなどのSNSボタンを表示する機能がついています。これ自体は便利なのですが、タイトル下と記事本文下でSNSボタンのデザインを変えるというような細かい設定はできません。そこでここではPHPを使って表示する場所で別々のデザインのSNSボタンを表示する方法を解説します。

個別ページごとにTwitterカードのカードタイプを変更する方法

個別ページごとにTwitterカードのカードタイプを変更する方法

Twitterは拡散力があるので良い記事だとシェアされればそれなりのアクセス数が見込めます。しかしただ記事をシェアするだけでなく、記事ごとに適切なカードタイプを選ぶと読者の目を引いて読んでもらえる確率も高くなるかもしれません。そこでここではWordPressで記事ごとにTwitterで共有したときのカードタイプを別々に指定する方法について解説します。

WordPressでコメント欄を非表示できる「Disable Comments」の使い方

WordPressでコメント欄を非表示できる「Disable Comments」の使い方

コメント欄は有用な意見や情報を書いてくれる読者がいるときはサイトの質を高める効果もありますが、ただ情報を発信するだけのサイトだとコメント欄は不要でスパムの標的にもなります。しかしWordPressの標準機能では全てのページでコメント欄を非表示にするのは難しいです。そこでここではワンクリックで全ページのコメント欄を非表示にできる「Disable Comments」というプラグインを紹介します。

ただのリンクをボタン風にしてクリック率を上げる方法

ただのリンクをボタン風にしてクリック率を上げる方法

リンクをただ設置するだけだとクリック率は低いですが、CSSでボタン風にすると読者の目を引きやすくなりクリックされる確率が高まります。さらにボタンを押したときに凹むようなアニメーションもCSSだけで実現できます。ここではCSSを使ってクリックしたくなるようなリンクボタンを作る方法を解説します。