★★★ 2019年最新版 個人ブロガーに超お得なASPまとめ ★★★

アドセンス自動広告をURLごとに設定する手順まとめ

アドセンス自動広告は一度設定すれば全ページで表示されます。

でも一部ページだけ非表示にしたり、広告フォーマットを変更したいこともあるはず

そこでここでは自動広告を特定URLで非表示・カスタムする手順をまとめました。

アドセンス自動広告とは

今さら説明するまでもないかもですが、一応説明します。

アドセンス自動広告とは最適な場所に自動で広告を表示する機能のことです。

自動で広告を設置・表示してくれるので

  • 広告コードのコピー・貼り付け
  • 表示する広告位置の微調整

などの作業を全てアドセンス側にお任せできるのが利点

しかも設置方法はヘッダー部分に自動広告コードを挿入するだけです。

WordPressなら次記事で書いたようにプラグインを使えばすぐに導入できます。

アドセンスの自動広告は最適だと思われる場所に広告を自動表示してくれる便利な機能です。ここではこの自動広告をWordPressに導入する手順を初心者でも分かりやすいようにまとめました。

このように便利で簡単に導入できる自動広告ですが、1つ問題があります。

それは全てのサイトで同じコードを使いまわせてしまうということ

もちろんこの機能自体は便利ですが、細かな調整をしたいときに不便です。

例えば調整が必要になるのは・・・

  • ブログごとに自動広告種類を変えたい
  • 一部のページで広告種類をカスタムしたい
  • 特定のページで広告を非表示にしたい

・・・などの場合

そのような微調整をするためにアドセンス自動広告では

URLグループ

という仕組みが用意されています。

文字通りURLごとのグループを作ることができるので、広告フォーマットをドメインごと・ページごとに細かくカスタマイズできるわけです。

ではこのURLグループ機能を使い、特定ページで自動広告を非表示・カスタムする手順を見ていきましょう。

URLグループによる自動広告の設定手順

その手順は大きく分けて次の3つ

  1. URLグループの作成
  2. 広告設定の選択
  3. URLグループの確認

面倒くさそうな感じですが、実際はものすごく簡単です。

次に説明する手順通りに設定すれば数分で終わります。

1. URLグループの作成

まず自動広告を非表示・カスタムするURLグループを作成しましょう。

その手順は次の通り

まずアドセンス管理画面にログイン

ログインしたら左メニューから「広告」ー>「自動広告」をオープン

アドセンスメニューから「広告」ー>「自動広告」をオープン

自動広告設定画面が表示されたら、その中から「新しいURLグループ」ボタンをクリック

自動広告設定画面の「新しいURLグループ」ボタンをクリック

するとURLグループ作成画面が開くので、その中の「URLを追加」ボタンをクリック

「URLを追加」ボタンをクリック

そうすると次のようなダイアログが表示されたはずです。

自動広告を設定したいドメインを追加するダイアログ

ここに自動広告を個別に設定したい、ドメイン、セクション、個別ページへのパスなどを入力しましょう。

例えばドメインごとURLグループに追加したいならドメイン名だけ含むURLを入力

https://example.com/

上の例は「example.com」というドメインを例にした場合のURLです。

あるいはブログやサイトの一部エリアだけ含めるならそのエリアのURLを入力

例えば「example.com」でsubフォルダ以下のページを含めたくない場合は

https://example.com/sub/

のようなURLを入力するとそれ以下のページがURLグループに追加されます。

また次のように個別ページのURLを入力してもOKです。

https://example.com/sample-page

このようなURLをダイアログで入力したら「追加」ボタンを押してください。

そうすると次のように入力URLが追加されるので、「次へ」を押して先に進みましょう。

URLを追加したら「次へ」ボタンを押して先に進む

2. 広告設定の選択

次の画面に進むとURLグループで表示または非表示にしたい広告フォーマット(種類)を選ぶ画面が表示されます。

その中で次画像のように表示する広告はオン、表示したくない広告はオフにすればOK

表示・非表示にしたい広告フォーマットを選択する画面

もしURLグループで広告非表示にしたいなら全部オフにしときましょう。

広告設定が終わったら画面下の「次へ」ボタンを押して次画面に進みます。

3. URLグループの確認

最後の画面ではURLグループの最終確認をして保存します。

具体的には次のような画面が出てくるので、「URLグループ名」に後で見て分かりやすいグループ名を入力

「URLグループ名」を入力

そして次画像のオレンジ色で囲った「有効な広告フォーマット」と「URLの割り当て概要」の内容を確認し、問題なければ「保存」ボタンをクリック

「有効な広告フォーマット」と「URLの割り当て概要」を確認し、問題なければ「保存」をクリック

以上で全ての作業は完了

これでこのURLグループで今設定した広告フォーマットだけが表示されるはずです。

ただしすぐ変更が反映されるとは限らないので、その場合は数時間待ちましょう。

URLグループの割り当てを解除するには・・・

自動広告で一度作成したURLグループは削除不可です。

ただし削除ができないだけで割り当てを解除、つまり無効化することならできます。

その手順は次の通り

まず自動広告の設定画面の「詳細URL設定」から作成したURLグループをクリック

するとURLグループ内に鉛筆マーク(次画像のオレンジ色で囲ったマーク)が現れるはずなので、さらにそれをクリック

作成したURLグループの鉛筆マークのボタンをクリック

そうするとURLグループのURL設定画面が開きます。

次のように追加したURLグループがあるドメインが選択された状態になっているはずです。

URLグループを無効化するには次のように全てチェックを外してください

URLグループに登録したURLからチェックを外したときの様子

この例だと1つだけですが、2つ以上選択されているなら全部チェックを外すのを忘れずに

そうしたら先ほどと同じように広告フォーマットの設定やURLグループの確認画面を何もせずに次々と進んでください。

そしてURLグループの確認画面まで進んだら「保存」ボタンを押して保存します。

これでURLグループが無効化されました。

無効化されたURLグループの例

上画像のように青色のリンクマークが灰色になっていればOKです。

以上がURLグループの解除(無効化)手順

直接削除はできないものの、もし不要になったURLグループがあるならこの手順を実行すれば削除したのとほとんど変わりません。

まとめ

以上自動広告をサイトごと・個別ページごとで設定する方法についてでした。

もしブログやサイトに自動広告を導入していて

このドメインでは広告フォーマットの種類を減らしたい
特定エリア・ページでは広告を非表示にしたい

などの場合はこの手順を試すのが一番簡単なはずです。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。