★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressのURL・スラッグで日本語を “完全禁止”する方法

WordPressのURL・スラッグで日本語を

WordPressで投稿を保存したとき、
意図せずURLとかスラッグに日本語を使ってしまった経験ないですか

あるいは意図的に日本語にしてる人もいるかもしれません。(SEO的なアレとか)

で・す・が、
URL・スラッグに日本語を含めるのはリスク大

もし色々なリスクを増やしたくないなら、
URLには英数字(アンダーバーとハイフン)だけ含めるのが安全です。

ここではその理由も含めて、
WordPressで "完全に" 日本語URLを禁止する方法を解説します。

日本語URLがダメな理由 - 隠れた恐ろしいリスク

まず日本語URLを使うのがダメな理由について

それを一言でいうなら、メリット以上にデメリットが大きすぎるから

ではどんなデメリットがあるのか・・・
禁止する方法を紹介する前に少し紹介していきます。

まずヤバいのはURLが変な見た目になること

例えば次みたいに、スラッグだけ日本語のURLがあるとしましょう。

https://example.com/今日もいい天気

WordPressの投稿画面だと、日本語でもこういう風に正常に表示されます。

でもTwitterとかアナリティクスだと、
次みたいな UTF-8形式 っていうのに変換されるんです。

https://example.com/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%82%82%E3%81%84%E3%81%84%E5%A4%A9%E6%B0%97

滅茶苦茶分かりずらくて怪しい見た目になる・・・

一目見ただけだと人間には理解できない、変なURLになる訳です。

これが日本語URLを使うべきじゃない理由の1つですね。

あと他にも色々なリスクがあって・・・

  • URLをクリックしてもらいにくくなる
  • リダイレクトに失敗してしまう
  • なぜか404エラーが連発してしまう
  • そのほか未知のリスク...

もう百害あって一利なしのレベル

実際に日本語URLを使っていて、痛い目にあった人もいるみたいです。

その貴重な体験談が書いてあるブログ

この記事を書いた方は「日本語URLは金輪際やらない」とまで書かれてます。

それくらい日本語URLはデメリットだらけってことです。

・・・というのが日本語URLがダメな理由

私自身、日本語URLが危険と分かってるので絶対に使いません。

ではダメな理由が分かったところで、
WordPressで日本語URLを一切禁止にする方法を詳解していきます。

URL・スラッグに日本語を禁止する方法

WordPressで特殊なことをするなら、プラグインの力を借りるのが一番!

なので、プラグイン検索画面で「slug translate」とかで検索してみました。

そうするとよさげなプラグインを発見

その名も Simple Slug Translate という、
URL・スラッグを 英語以外 ⇒ 英語 に翻訳できる便利プラグインです。

これを使い、次の手順を試せばURLに日本語禁止にできます。

1.まずは Simple Slug Translate をインストール

まずプラグインの新規追加画面を開き、
そこで「simple slug translate」で検索してみてください。

そうすると次みたいなプラグインが出てくるはず

Simple Slug Translate - 日本語スラッグを自動で英語に翻訳してくれるプラグイン

その名の通り、URLとかスラッグを自動的に英語に翻訳してくれるプラグイン

これをインストール&有効化するのが最初の手順です。

あとちなみに、もし直インストールしたいなら次URLからでもダウンロード可

DL先 : https://ja.wordpress.org/plugins/simple-slug-translate/

とりあえずプラグインが使える状態にしておいてください。

2.翻訳に必要な IMB Cloud アカウンとの取得

お次は日本語URLの翻訳に必要な IMB Cloud アカウント の取得

この取得がちょっとだけ面倒です。

でも次の手順通りにやればすぐ終わるので、パパッとやっちゃいましょう。

ではまず次のアカウント取得画面にアクセス

取得ページhttps://cloud.ibm.com/registration/free

アクセスすると、メルアドの入力を求められるので入力してください。

IMB Cloud アカウントの取得画面
IMB Cloud アカウント登録画面でメルアドを入力

メルアドを入力すると、次に名前とかパスワードの入力も求められます。

とりあえず画面の指示に従っていき、アカウント作成すれば問題ありません。

あと登録したメルアドに認証メールが届いてるはず

その中にあるリンクをクリックするのもお忘れなく。

以上の手順が全部終われば、IMB Cloud アカウントの取得は完了です。

3.APIキーの取得&プラグインに設定

最後は翻訳に必要な APIキー の取得

これを取得するには次の手順を "正確に" 行ってください。

まず IMB Cloud のログイン画面にアクセス

ログインURLhttps://cloud.ibm.com/login

ログイン画面では IBMid と パスワード の入力が求められます。

「IBMid って何?」って話ですが、単純に登録メルアドを入力すればいいだけです。

要するにメルアドとパスワードを入力すればOK
IMBM Cloud にログインするには登録メルアドとパスワードを入力すればOK

ログインできましたか?

ならこの画面はそのままにしておくか、閉じても構いません。

ではログインができたら、
次に Watson Language Translate にアクセスしましょう。

URLhttps://www.ibm.com/watson/services/language-translator/

このサービスが日本語URL・スラッグの翻訳に必要になります。

アクセスしたら、画面内の「Get started free」と書かれたボタンをクリック

「Get started free」と書かれたボタンをクリック

次の画面では使用するプランを選択するよう求められます。

ここは ライトプラン が選択されているので、
そのまま「Create」ボタンを押して先に進んでください。

ライトプランが最初から選択されてるはず

Watson Language Translate - プランの選択画面でライトプランを選び、「Create」をクリック

もちろん料金とかは一切かからないので、心配不要です。

そうしたら Watson Language Translate の管理画面が表示されましたよね?

その管理画面の左にあるメニューから「Manage」をクリックしてください。

赤枠で囲った部分をクリック!

APIキーを取得するには左メニューから「Manage」を開く

管理画面が出てくるので、一番下までスクロール

画面下に APIキーURL が表示されてるので、それをコピーしておきましょう。

この2つを必ずコピーしておく
必ず APIキー と URL をコピーしておく。この2つがプラグインでも日本語スラッグの翻訳に必要になる

コピーしたら WordPress に戻り、
メニューから「設定」ー>「Simple Slug Translate」をクリック

WordPressメニューから「設定」ー>「Simple Slug Translate」を開く

プラグインの設定画面が開くので、
さきほどコピーした APIキー と URL を入力して保存

Watson Language Translate からコピーしたAPIキーとURLを入力する

保存して翻訳サービスが利用可能になれば、
下画像みたいに「API設定は正しいです」というメッセージが表示されるはず

「API設定は正しいです」というメッセージが表示されれば、日本語URLの翻訳が利用可能

これが表示されれば、プラグインの設定は全て完了!

面倒な手順で大変だったかもですが、お疲れ様でした。

日本語URLが翻訳されるか試してみる

では最後に、プラグインが正常に動作するか確認してみます。

このプラグインは 英語以外(日本語) がURLに含まれている場合、翻訳サービスを使って自動的に英語に訳してくれるものです。

例えば WordPress投稿画面 で日本語タイトルを打ったとしましょう、

例えばこんな感じで

例えばWordPress投稿画面でタイトルを入力して保存したとする

もしカスタムスラッグを有効にしているなら、

https://example.com/WordPressのインストール方法

みたいに日本語が含まれるものになってしまいます。

でもこのプラグインを使えば、それも自動で 英語翻訳 できちゃう訳です。

実際にこの投稿を保存してみると・・・

日本語でタイトルを付けたのに、スラッグが英語翻訳されている様子

日本語でタイトルを付けたのに、スラッグが英語翻訳されてる!!

スラッグが英語に翻訳されてる!!

これは便利ですね~

そこそこ精度がいい機械翻訳なので、
文法的にも単語的にも間違いが少ないのも優秀なところ

これで日本語URLとは永遠におさらばできそうです。(少なくともWordPressでは)

まとめ - Simple Slug Translate は超便利!

記事URLというのは、公開後に変えるのはNGです。

だから間違って日本語を含むURLとかスラッグを付けた時点でOUTということ

そういうミスをなくしたいなら、
今紹介した Simple Slug Translate を使ってみてください、超便利です。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press