★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressでの限定公開のやり方を用途別に3つ解説!

この記事は次のような人向け。

  • パスワードをつけて公開したい
  • 記事を読める人を限定したい
  • ヒミツのURLから記事共有したい

こういう 【限定公開】をWordPressで行う方法 をまとめました。

用途別に3つのやり方があるので、
全てのやり方を分かりやすく解説していこうと思います。

では早速、それぞれの限定公開のやり方を紹介・・・

方法1.記事ごとにパスワード保護して公開

1つめは記事ごとに限定公開する方法

この方法は次の用途に向いてます。

  • 記事ごとに限定公開した
  • あまり面倒なことをしたくない
  • プラグインとかも入れたくない

プラグインの導入とかもいりません。

やり方は以下の手順・・・

まず限定公開したい記事の投稿画面オープン

右側に「公開」エリアがありますが、ここから限定公開の設定ができます。

限定公開は投稿画面右の「公開」エリアから次の手順で設定できる...

どうやるかというと、
まず「公開状態」ー>「編集」をクリックしてみてください。

ちょうどこの画像のような操作

「公開状態」ー>「編集」をクリック

開いたら、公開状態 を次みたいに変更してOKを押します。

↓ 「パスワード保護」を選び、パスワード入力

記事の公開情報から「パスワード保護」を選ぶ

ちなみに設定できるパスワード、これにはほぼ制限がないみたいです。

  • 文字数
     -> 上限は不明。少なくとも100文字以上
  • 文字の種類
     -> 半角英数字はもちろん、日本語まで使える

そしたら最後に、記事を公開 or 更新すればOK

これで限定公開は完了。

ためしに、限定公開したページを開いてみてください。

こういう風にパスワード入力フォームが出てきましたよね?

 パスワードを知っている人しか見れない、秘密の記事

パスワード保護した記事をひらくと、パスワード入力画面が出てくる

 そこで正しいパスワードを入力すると・・・

正しいパスワードを入力しないと記事が見れない。これがWordPressでの一番基本的な限定公開のやり方

パスワードを知ってる人だけ見れるという訳です。

まあ一番簡単な方法ですね。

普通の用途ならこれでも十分だと思います。( 普通の用途なら...)

方法2.ブログ全体をパスワードで限定公開

お次はサイト全体を限定公開する方法

こっちは次のような用途に向いてます。

  • 簡易的な会員サイトを作りたい
  • 全ての記事をパスワード保護したい
  • 削除はしたくないけど見られたくない

そのやり方は、プラグインから設定するのが簡単です。

まず次のプラグインを検索してインストール

WordPress Password Protect Page Plugin

WordPress Password Protect Page Plugin - ブログ全体を限定公開できるプラグイン。使い方は次の通り

公式URL : https://ja.wordpress.org/plugins/password-protect-page/

プラグイン名で検索するとすぐ出てくるので、インストール&有効化しておきます。

そのあとメニューから「Password Protect WordPress」をクリック

 メニュー項目の見た目はこんな感じ

メニューから「Password Protect WordPress」をクリック

プラグイン画面が表示されたら、
【Entire】タブを開くとサイト全体のパスワード設定が出てきます。

↓ 実際にWP全体にパス設定している様子

この画面からWordPress内の全記事に対してパスワード付きで限定公開できる。

ちなみにパスワードですが、こちらもほぼ制限なしです。

  • 文字数
     -> 上限不明。100文字以上もいける
  • 文字の種類
     -> 基本何でもOK。ただし半角空白はNG

あとは「変更を保存」を押すだけ。

これで "投稿全て" がパスワード付きで限定公開されました。
もちろん固定ページも含めて、全ての投稿がです。

この設定を行った後、適当なページを開いてみてください。

次みたいにパスワード入力が求められるようになります。

ブログ全体の限定公開を有効にすると、全記事でこういうパスワード入力画面が表示されるようになる

以上がブログ全体を限定公開するやり方。

まあブログ全体を限定公開なんて普通しないですけどね・・・

でも何らかの事情があったり、
会員だけが見れるブログを作りたいときは役立つはずです。

方法3.URLからパスワードなしで限定公開

最後はすこし上級者向けの方法

次のような限定公開がしたい人向けです。

  • 記事の限定公開はしたい
  • でもパスワード不要にしたい
  • 秘密のURLから見れるようにしたい

難易度は高いですが、できなくはありません。

でもPHPを知っていること前提で説明します。
もしPHPの知識がない方は絶対に試さないでください!!

最悪ブログ構成を壊すリスクもあるので、自己責任で・・・

ではまず使用中テーマの functions.php を開きます

↓ WordPressから直編集するなら、
メニューから「外観」ー>「テーマエディタ」をオープン

メニューから「外観」ー>「テーマエディタ」をオープン。ここから fnctions.php からパスワードなしで限定公開する方法を紹介

WP4.2以前なら「テーマ編集」なので、そちらを開けばOK。

そしたら function.php を開き
次のようなPHPコードを追加&保存してみてください。

function custom_smart_password_form($html) {
  global $post;
  
  $password = @$_GET['post_password'];
  
  if ( isset($password) ){
    $html .= <<<EOM
<script>
window.addEventListener("DOMContentLoaded", function(){
  jQuery('[name="post_password"').val('{$password}');
  setTimeout(function(){
    var urlBeforeQuery= location.href.split("?")[0];
    window.history.pushState({}, document.title, urlBeforeQuery );
    jQuery('[type="submit"]')[0].click();
  }, 100);
});
</script>
EOM;
  }
  
  return $html;
}
add_filter( 'the_password_form', 'custom_smart_password_form' );

丸々コピペでOK。

これでパスワード付きURLで限定記事をシェアできるようになりました。

それでパスワード付きURLの作り方ですが・・・

たとえば次みたいな限定公開記事があるとしましょう。

  • 記事URL
    ー> https://example.com/secret
  • パスワード
    ー> 20191204

この記事をパスワードなしで限定公開したいとします。

その場合、次のようなURLでパスワードなしでアクセス可能です、

URL : https://example.com/secret?post_password=20191204

最後の ?post_password= に設定パスワードを渡すのがポイント

ヒミツのURL経由でアクセスした人にのみ、記事を限定公開できます。

  • パスワード入力を省きたい
  • メルマガで限定記事を載せたい
  • SNSで限定記事をシェアしたい

この方法は ↑ こういうときに便利かも。

ただこの方法は専門的で難しいですね・・・

もしお困りならココナラでお気軽にご相談ください。

 ココナラの公式プロフページ 

プロフ : https://profile.coconala.com/users/978069

基本的にWordPress関連なら何でも相談可。

作業代行なども依頼できます。

蛇足 : プラグインでパスワードなし限定公開...

最後に蛇足だけど、プラグインの紹介。

パスワードなしでURLから限定公開する方法・・・

次のプラグインを使っても、設定できるみたいです。

Password Protect WordPress 公式サイト

限定公開記事のシェアURLの作り方(英語)

参考ページ : https://passwordprotectwp.com/direct-access-link-protected-page-wordpress/

ただし このプラグインは有料(フリー版もなし)

限定公開のためだけに購入するのもちょっと…という感じです。

限定公開の3つの方法まとめ

ここまで紹介した限定公開のやり方まとめ

  1. 記事ごとにパスワード保護して公開
    オーソドックスなやり方。普通はこの方法で十分なはず
  2. ブログ全体をパスワードで限定公開
    簡易的な会員サイトとか、一般公開したくない人向け
  3. URLからパスワードなしで限定公開
    パスワードなしで限定公開したり、秘密のURLを作りたい人向け

一番簡単なのは1番目の方法。

特別な事情があるなら、2番目か3番目の方法を試してみてください。

以上、WordPressで記事を限定公開する方法でした。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。