★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

ファイルダウンロード履歴を管理!Download Manager の使い方

サイトで何かファイルやドキュメントを配布したいとき、ただダウンロードリンクを設置するだけでなくいつどのファイルがダウンロードされたかを把握できれば便利ですよね。

例えばダウンロード履歴を記録することで読者がどのようなことに興味を持っているかを知ることなどが可能です。

そんな場合に便利なのが「Download Manager」というプラグイン。

これを使うとダウンロードリンクの作成からダウンロード履歴の管理まで全て一元で行うことができて便利です。

ここではこのプラグインを使ってダウンロード履歴を管理する手順についてまとめました。

Download Managerのインストール

ではこのプラグインをインストールして有効化していきましょう。

その手順は次の通り

まずメニューから「プラグイン」ー>「新規追加」をオープン

すると新規追加画面が開くのでプラグインの検索欄に「download manager」と入力

しばらくすると次のように検索結果に出てくるので「今すぐインストール」ボタンを押してインストールしましょう。

ちなみに手動インストールする場合は次ページからzipがダウンロード可能

https://ja.wordpress.org/plugins/download-manager/

インストールが終わったら「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので必ずそれを押して有効化するのを忘れないでください。

ダウンロードリンクの作成

では最初にファイルのダウンロード履歴を記録するためにこのプラグインからダウンロードリンクを作成してみましょう。

まずメニューから「Download Manager」ー>「Add New」をクリック

すると次のようなダウンロードリンクの作成画面が開きます。

この画面では次のような手順でダウンロードリンクを作成できます。

タイトルの設定

まず「ここにタイトルを入力」という書かれたテキスト欄にダウンロードリンクのタイトルをつけてくだい。

例えば上画像のようにどの種類のファイルをダウンロードするのか一目で分かるタイトルをつけるのが理想的です。

ファイルのアップロード

次に「Attach File」ー>「Upload」の中にある「ファイルを選択」ボタンを押してファイル選択ダイアログを開きダウンロードリンクからダウンロードされるファイルをアップロードしてください。

ファイルをアップロードに成功すると「Attach File」の下にアップロードした画像ファイル名が表示されます。

ただしアップロードできるファイルは1つまでなので複数ファイルの場合はZip形式などに圧縮してアップロードしてください。

パッケージの設定

リンク作成画面の下に進むと「Package Settings」というダウンロードリンクの設定を行う場所があります。

ここではダウンロードリンクに設定できるのは次のオプションです。

  • Version

    ダウンロードされるファイルのバージョン。「1.0.0」のように数字とドット記号を使って表すのが一般的です。もしファイルを変更する予定がないなら空欄でかまいません。

  • Link Label


    ダウンロードリンクのリンクテキストとして表示される文字列のことです。上の画像のようにファイル名などにすると分かりやすいです。
  • File Size


    ダウンロードされるファイルの大きさです。特に入力する必要はありません。
  • Stock Limit

    ダウンロード数の上限です。例えば「100」と入力すると100ダウンロードされた時点でそれ以降はダウンロードできなくなります。無制限にするなら何も入力する必要はありません。

  • View Count

    ダウンロードリンクが何回見られたかのカウントです。特に入力する必要はないですが、後からカウントを手動でリセットすることもできます。

  • Download Count


    実際にファイルがダウンロードされた回数。特に入力する必要はないですが、後からカウントを手動でリセットすることもできます。
  • Allow Access


    ダウンロードのアクセス許可。基本的には「All Visitors」を選んでおけば間違いないです。
  • Page Template

    このプラグインではダウンロードページも作れるのでそのページのテンプレートです。ここではダウンロードリンクだけ作成するので設定は不要です。

ダウンロードリンクの公開

以上の設定をしたら「公開」ボタンを押してファイルの内容を公開してください。

以上でダウンロードリンクの作成は完了です。

ダウンロードリンクの貼り方

次に個別ページにダウンロードリンクを張る方法について解説します。

まずメニューから「Download Manager」ー>「All Files」と進んで作成したダウンロードリンク一覧を開きましょう。

そしてその中から作成したダウンロードリンクを探し、「Short-code」に表示されているショートコードをコピーしてください。

コピーしたら投稿ページの編集画面を開いてコピーしたショートコードを貼り付けましょう。ページを更新すると次のようにダウンロードリンクが表示されます。

拡張子で判断して自動でアイコンがつき、ファイルサイズも表示されるのでダウンロードファイルの内容が分かりやすいです。

ダウンロード履歴の確認

読者が作成したダウンロードリンクからファイルをダウンロードするとこのプラグインが自動で履歴を集計してくれます。

確認画面を開くにはまずメニューから「Download Manager」ー>「History」をオープン

すると次のようにいつどのファイルがダウンロードされたのか確認できます。

どういったファイルがいつダウンロードされたかが一目で分かるのが便利ですね。

まとめ

以上 Download Manager でダウンロードリンクを作成&ダウンロードを管理する方法についてまとめました。

履歴を一覧で確認できる機能も付いているのでPDFやオリジナルのファイルを配布するときなどに役立つこと間違いなしです。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press