★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressのサイト内検索機能を強化できるテクニック3選

WordPressのサイト内検索強化のイメージ画像

WordPressにはデフォルトで検索ウィジェットがあって、それを設置することでサイト内検索ができるようになっています。

ところがこのウィジェットには必要最低限の検索機能しか備わっていないのでユーザーが望むような検索結果が得られにくいという難点があります。

またどのキーワードが検索されたかなどの履歴を保存することもできません。

そこでここではWordPressで検索機能をパワーアップして利便性を高めるためのテクニックを厳選して3つ紹介します。

WordPressの検索機能は貧弱・・・

冒頭でも書いたようにWordPressでは検索ウィジェットというものが初めから利用できるようになっています。

実際にWordPressメニューから「外観」ー>「ウィジェット」を開いてみると「検索」というウィジェットが見つかるはずです。

そしてそれは下の画像の通りタイトルしか設定できない本当にシンプルなものです。

そして検索ウィジェットをサイドバーなどに設置してみると、これまた次のようなシンプルな検索バーが表示されます。

もちろん検索キーワードを入れればそれに該当する検索結果ページが表示されるので必要最低限の検索機能はあります。

でも機能はそれだけで本当に最低限の検索しかできないんですよね・・・

しかも完全一致検索なのでキーワードに完全一致しないと結果が表示されません。

これだとユーザーが求める情報が見つかりにくく、PVを増やすチャンスをみすみす逃してしまうかもしれませんよね。

なのでそうならないためには最低限の検索機能に加えて、次のような機能もあると読者にとっても使いやすいブログになると思います。

  • あいまい検索
    全角と半角、大文字と小文字などを区別しないで検索できる機能のこと
  • カテゴリーやタグの絞り込み
    ある特定のカテゴリーやタグなどで検索結果を絞り込めれば利便性UP
  • 検索キーワードが拾える
    どんなキーワードが検索されたか把握できれば記事づくりのネタ探しにも効果的

ユーザーが情報を探しやすくしたりキーワードを把握できたりすればブログをさらにいい方向に改善できるので検索機能の強化は必須です。

このような機能を自力で付けようとするとものすごく大変ですが、ここで紹介するテクニックではプラグインを使うのですぐに導入できます。

なのでテクニック的には全く難しくないので是非導入してみてください。

ではそのテクニックを次で紹介していきます。

検索を強化するためのテクニック3選

ここで紹介する検索機能を強化するのに役立つテクニックは次の3つ

  • Ajax Search Liteプラグインの導入
  • Search Meterプラグインの導入
  • Googleカスタム検索エンジンの設置

この3つのプラグインやテクニックについて順に紹介していきます。

Ajax Search Lite

よくGoogleなどの検索エンジンでは次のようにキーワードの途中でサジェスト(検索候補)が表示されますよね。

このような検索方法はインスタント検索と呼ばれています。

このインスタント検索をWordPressで実装するために便利なのが「Ajax Search Lite」というプラグインです。

これを使うと次のようにキーワードの途中でも記事情報がアイキャットとタイトル付きで表示されて大変便利です。

しかもこれだけでなく検索を強化できる次のような機能もあります。

  • タイトル・記事本文から検索
  • カテゴリーやタグから絞り込み
  • アナリティクスとの連携
  • 既存の検索ウィジェットとの置き換え

デフォルトの検索ウィジェットにはないカテゴリーやタグでの絞り込みが可能になります。

またGoogleアナリティクスと連携させてアクセス分析したり、既に設置してあるウィジェットとの置き換えなども可能です。

Ajax Search Lite の導入手順や設定方法については次の記事で詳しく紹介してあります。

ブログ読者が記事を見つかりやすくするために有効なのがGoogleのような「インスタント検索」を導入すること。ここでは Ajax Search Lite というプラグインを導入してWordPressにインスタント検索を実装する方法を紹介します。

これ1つ導入するだけでも検索がかなり便利になるので是非使ってみてください。検索系のプラグインでは一番おすすめです。

Search Meterプラグインの導入

せっかくブログ内検索をしてもらったなら、どのようなキーワードで検索されたかも知りたいですよね?

その中には自分では気づかなかった需要のあるキーワードが見つかるかもしれないので記事作成に役立つことがあるかもしれません。

そこでブログ内検索の検索履歴を保存・確認するのにおすすめなのが次の「Search Meter」というプラグインです。

このプラグインを導入するだけで次の画像のようにどのキーワードが検索されたかを一目で確認できるようになります。

しかもこのプラグインは検索にヒットしたキーワードだけでなく、検索結果が見つからなかったキーワードについても記録してくれます。

なので読者がいったいどのようなことに興味を持っているのかをリサーチするのに役立つことでしょう。

Search Meterの導入手順や設定方法については次の記事で紹介したのでそちらをどうぞ

WordPressでサイト内検索されたキーワードを知りたいと思ったことありませんか?そんな時に便利なのが Search Meter プラグイン。ここではこれ使ってユーザーの検索履歴を記録する方法を解説します。

これを入れておくだけでブログ内でのキーワード分析に役立つこと間違いなしです。

Googleカスタム検索エンジンの設置

ここまでプラグインを紹介してきましたが、検索機能は外部のサービスを活用することでも便利にできます。

その1つがGoogleカスタム検索エンジンの設置です。

これはGoogleが提供している自分のブログやサイトを検索するための専用の検索エンジンのことで、ブログ内に次のような検索フォームが設置できます。

このカスタムエンジンを設置することのメリットは次の3つです。

  • Googleの検索エンジンがそのまま使える
    あいまい検索やキーワードを自動で提案する機能がそのまま利用可能
  • カスタマイズ性が高い
    専用の画面から自分のブログに合ったデザインのフォームが作成可能
  • 検索を収益化できる
    検索結果に表示されるGoogle広告とAdsenseアカウントを結びつければブログ内検索の収益化も可能

読者に質の高い検索機能を提供できるうえに、もしAdsenseアカウントを持っていればブログ内検索の収益化までできます。

このようなメリットがあるので読者にとっても運営者にとってもいいこと尽くしです。

このカスタム検索エンジンの作成手順やWordPressへの設置方法については次の記事で詳しく紹介しました。

WordPressで検索ウィジェットの代わりにGoogleカスタム検索エンジンを設置する手順をまとめました。自動で検索結果を補完してくれるなど色々な高機能な検索機能が使えるようになります。設置手順も数分でできるので是非お試しを

Googleの高性能な検索機能がタダで使えるので、設置すればブログ内検索がより便利なものになるでしょう。

まとめ

ここまでで紹介した検索機能を強化するためのプラグインやテクニックは次の3つ

  • Ajax Search Liteプラグインの導入
  • Search Meterプラグインの導入
  • Googleカスタム検索エンジンの設置

この3つは特別な知識も不要ですぐにできることばかりです。

なのでもしデフォルトの検索ウィジェットを設置したままならこのようなテクニックを使ってもっと検索機能を便利なものにしてみましょう。

それが読者にとって使いやすい、ユーザービリティの高いブログを作るのに役立ちます。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press