★★★ 2021年最新版 個人ブロガーに超お得なASPまとめ ★★★

Braveブラウザ普及に備えてブロガー・YouTuberがすべきこと

ついにBraveブラウザのユーザー数が2000万人超え。ブロガー・YouTuberが取るべき対策を考えてみた

現在、Braveはジワジワと勢力を伸ばしています。

もちろんChromeのシェアには適いません。
それどころか他の弱小ブラウザにも負けてます。

でもユーザー数はかなり増えてる模様です。

そこで不安に思ってる人もいるはず

  • ブロガーとして収益がなくなるのでは?
  • YouTuberとして稼ぎにくくなるのでは?
  • 今までのネットが崩壊してしまうのでは?

私自身もブロガーとしても活動しているので、
その不安を消すためにすべきことを考えてみました。

嫌儲思想に陥った人がここ最近増えている

まずBraveブラウザ普及の要因について

それは 嫌儲(ケンモウ)が関わっています。

「嫌儲」 = 儲けることを嫌うこと

これは5ch由来のスラング。本来の意味はここまで広くないんですが、ネット広告を始めとして他人が儲けることを嫌う人が増えてるんですね・・・(-.-)

当ブログにも嫌儲の方からコメントがきました。

問題の記事

【嫌儲】ネット広告だけ嫌われる理由。嫌儲の最悪の未来
なぜネット広告だけ嫌われるのかを考えてみると【嫌儲思想の人】が増えてきたからです。Adblockなどいれて喜んでる無邪気な人たちのこと。本当に深刻でゆゆしき事態だと思うので、嫌儲について警鐘を鳴らしたいと思います。

 この記事で実際にいただいたコメント

ネット広告を廃止せよ

フィッシングサイト誘導広告やマルウェアが仕込んである広告についてどうお考えですか?間違ってそれに引っかかってウイルスに感染してしまった人がいるということを考えた事はありますか?それでも広告収入で稼ぎたいと思いますか?

そもそも詐欺広告やマルウェアなんて通常の広告(アドセンスなど)では滅多にありません。それを根拠に「広告 = 悪」とするのは詭弁でしかありません。

そして最後の一文も嫌儲らしさが出てます。そもそも社会に有益なこと・面白いことを提供して対価をもらうのは悪いことではないです。この世の中はGive&Takeで成り立っているので。

それが嫌いな人は共産主義社会に移住するか、一人山奥で自給自足の生活を送って文明と関わらなければいいと思います(極論だけど...)

つまりBrave普及の原点は嫌儲にあり

少なくとも私はこう考えてます。

Braveブラウザのユーザー数も着実に増えている

Braveブラウザは今でも弱小ブラウザです。

でも最近はユーザー数動向に変化がありました。

それについて書かれた記事から引用

暗号資産(仮想通貨)BAT(ベーシック・アテンション・トークン)を発行しているインターネットブラウザのBraveは2日、世界でアクティブユーザー数が急増していることを発表した。

Braveの発表によると、過去1年間で月間アクティブユーザー数が1,160万人から2,540万人へ、1日のアクティブユーザー数は380万人から860万人へと、どちらも2倍以上に増加したという。またブレイブの広告収益は過去16ヶ月で28倍に増加したことも合わせて公開した(※収益額は未公表)。

引用元 : https://digitalassets-online.jp/news/20210205e/

2021年2月時点での記事です。

その1年前はせいぜい1000万人程度だったのですが、この記事を書いてる今年になってから2500万人にユーザー数を伸ばしました。たった1年で2.5倍も増えちゃってます。

Chromeと比較すると普及してるとは言えないものの・・・2500万人って日本人口の1/4です。日本人の4人に1人が使ってると換算すれば普及してると感じないですか?

将来的には1億人は軽く超えるはずです。

そしてGoogleをはじめ、既存勢力を打ち負かす未来もありえるかもしれません。そうしたら爆発的な勢いで普及していく可能性も無きにしも非ずです。

Brave普及の前にブロガー・YouTuberがすべきこと

ではBraveとはどう付き合うべきなのか

特にブロガーとかYouTuberには深刻で大事な課題です。

例えば AdBlock などの拡張機能なら「使ってる人には見せない!」という対策が取れます。でもBraveはそれ自体がブラウザなので、見せないという対策も通用しません。

そこで今からすべきと考えてるのが2つです。

1.クリエイターとしてBraveRewardsに登録する

Braveはブロガーなどの敵とみなされがちです。

でも Braveの理念自体 は素晴らしいんですよね。

  1. プライバシーを守る
    現在のネット広告は個人を特定するプログラムを使って個人情報を集めている。好きでもない広告を見せられる上に表示速度も遅くなってイライラ・・・そういう人たちを救いたい
  2. クリエイターを支援する
    ブロガーやYouTuberの主な収入源は広告収入が多め。Braveではチップ機能を付くことでクリエイターに投げ銭でき、収益化の幅を広げることもできる

まあ色々批判意見はあると思います。

でも新しいものにはチャンスもありますよね。

実際にクリエイターとして登録するには・・

サイト・チャンネルを Brave Rewars から登録できます。

登録手順は次のような感じ(ブログの場合)

  1. メールアドレスでアカウント登録
  2. チャンネルを追加 からサイト登録
  3. 認証用ファイルなどをアップロード
  4. 正しければサイトブログが登録完了

ちょっと面倒かもしれません。私もブログを登録しようとしたんですが、サーバー側の問題で苦戦してます。もし登録ができたら別記事で詳しく解説しようと思います。

2.投資家として$BATを購入しておく

Braveでは次の仮想通貨が使われてます。

BAT = ベーシックアテンショントークン

基本情報は次の通り(2021年3月時点)

発行枚数 15億枚
発行年月 2017年5月
時価総額 1890億円

このBATはイーサリアムという仮想通貨をベースに作られてます。仮想通貨なので改ざん不可能なブロックチェーン技術も使われてます。

もしBraveブラウザ普及が進んでいくとしたなら、需要・流動性も増えてBATの価格は上がっていきますよね。時価総額ランキングも58位なので将来有望な気もしますね。(伸びしろ的な意味で)

それからグレースケールという仮想通貨の資産運用会社があります。そこの投資信託にもビットコイン・イーサリアムなどの有名コインと並んで投資対象になってます。

暗号資産(仮想通貨)専門の資産運用会社であるグレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)が5種類の新たな投資信託を3月17日に発表した。

今回追加される5種類の投資信託は全て単一資産に投資を行う投資信託であり、それぞれベーシックアテンショントークン(BAT)、チェーンリンク(LINK)、ディセントラランド(MANA)、ファイルコイン(FIL)、ライブピアー(LPT)の5つの暗号資産を投資対象としている。

引用元 : https://www.neweconomy.jp/posts/98574

もちろん日本の取引所でも BitBank, CoinCheck, bitFlyer などにも上場してるので、買うのも難しくありません。日本円で購入できます。

結局何が言いたいかと言うと・・・

リスクヘッジに$BATを買っておく

これがブロガー・YouTuberとして2つめの対策。

次のようにどっちに転んでも安心できます。

  • Braveブラウザが普及してしまう
    例えばChromeを超えるブラウザになるとブログ・YouTube収益ダウンの可能性。でもそれと同時に$BATも値上がり。投資家としては勝利🚀🚀
  • Braveブラウザが普及せず下火になる
    弱小ブラウザのまま普及せずにChromeなどが天下を取り続ける。対して値上がりせず$BATも草コインとして一生を終える。ブロガーとしては勝利🚀🚀

自分が思い描いてるのはこういうプランです。

実際に私自身は毎月すこしづつ$BATを買い増ししてます。一気に買うのはリスクが高すぎるので、ドルコストのようにコツコツ買い増ししてくのが安全です。

もしBATに投資するなら一カ月の投資額は多くても1万円程度がベストかも。仮想通貨はボラティリティがでかく、配当などもないので、無理ない範囲で投資すべきですね。

Braveブラウザの動向に注視していきたい

自分はBraveブラウザには否定スタンスです。

でも将来的にはChromeを超えるかもしれません。

今後もBraveブラウザの動向に注目していきます。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。