★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

ページがGoogleにインデックスされているか5秒で確認する方法

Googleのsiteコマンドでインデックを調べていることをイメージした虫眼鏡の画像

自分の書いた記事(ページ)がインデックスされているか知りたい・・・

そういう時は「ある方法」を使えば5秒もかからず調べられます。ここではそのやり方についてまとめました。

またインデックスされるのが遅すぎる場合の対処法も最後に紹介します。

インデックス確認はsiteコマンドを使えば一発

ではその方法とは何かというと siteコマンド を使うことです。

「siteコマンド?そんなの初めて聞いた・・・」という人もいると思いますが、別に難しいことをする訳じゃありません。

Googleの検索窓で使える秘密の呪文(?)みたいなものです。

例えば特定のページのURLがインデックス登録されているか調べたいとしましょう。

その場合は次画像のように site: から始まる形式でそのURLを入力&検索すればOK

siteコマンドの入力例
Google検索窓でのsiteコマンドの入力例

検索窓でのsiteコマンドの入力例
site:https://fukuro-press.com/ways-to-promote-index/

URLだけでなく必ず先頭に site: を付けるのを忘れずに。そうしないと普通にURLの検索結果が出てきてしまいます。

そして今入力したページがインデックス済みなら次のようなページが表示されたはず

インデックス済みの場合に表示される検索結果の例
インデックス済みページでのsiteコマンドの検索結果ページの例

上画像のように「◯◯件」という件数表示とページタイトルが表示されているなら問題なくインデックスされています。

逆にページがインデックスされていない場合は次のような検索結果になります。

未インデックスの場合の検索結果ページ
インデックスされていないページでのsiteコマンドの検索結果の例

◯◯(ページ名)に一致する情報は見つかりませんでした。」というメッセージが表示されているので分かりやすいです。

以上がページがインデックスされているかを調べる方法

ただページURLの前に site: を付けるだけなので本当に10秒もかかりません。便利なコマンドなので今まで知らなかったという方は使ってみてください。

私自身もページがインデックスされてるか調べるのによく使ってます。

ページが未インデックスの場合の5つの対処法

もし今試したsiteコマンドを使い、ページがインデックスされていないと判明したなら2つの選択肢があります。

その選択肢とは次の2つ

  • 検索結果に出るまでしばらく待ってみる
  • インデックスを速める対策をしてみる

もしたった今公開したばかりのページなら待ってみるのがいいと思います。ブログ・サイトの規模にもよりますが長くても1週間あればインデックスされるはずです。

逆に「今すぐインデックスさせたい」、「一周間以上たってもインデックスされない・・・」という場合は何かしら対策はとった方がいいですね。

特にその対策としてオススメなのは次の5つ

  • サイトマップの作成と送信
  • Search Console へのフィードの追加
  • 質の低い記事のインデックス解除
  • 重複コンテンツを減らす
  • 更新頻度を増やす

ちなみにこれらの具体的なやり方は次記事でまとめたので是非ご覧ください。

記事がインデックスされない、検索結果に表示されない・・・そういう場合にインデックスを速める対策についてまとめました。特別な知識がいらず簡単にできることばかりなので是非お試しを

自分のケースだと Search Console にフィード登録したらインデックスされやすくなったので、フィード登録が効果が高いのかなと思います。

心配なら全部試しておけば検索結果に表示されやすくなるかもしれませんね。

またブログ全体で内部リンクを受けていない孤立したページが作らないことも重要です。

なぜならGoogleのクローラーは内部リンクをたどってインデックスするので、孤立したページを見つけることができないからです。

ちなみにWordPressでの内部リンク対策については次記事でまとめました。

ブログパワーを高めて検索順位を上げるのに効果的なのが内部リンクの設定です。ここではWordPressで誰でもできる内部リンク設計のやり方・テクニックについて紹介していきます。

プラグインを使えば数分もあれば簡単にできます。ブログパワーを高めるのにも有効なので試していない方は是非お試しを

まとめ

以上、ページがインデックスされているかを簡単に調べる方法でした。

もう一度やり方を説明するとGoogle検索窓で site: の後に調べるURLを付けるだけです。例えばこのブログのトップページの場合は次の通り

site:https://fukuro-press.com/

これは以外と役に立つので覚えておいて損はありません。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press