★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

WordPressにインスタント検索を実装!Search by Algolia の導入手順

サイト内検索のイメージ画像

ブログに訪れたユーザーは目的のページを見たらそのまま帰るとは限らず、他の情報を探すためにサイト内検索することがあります。

そのためサイト内に検索フォームなどのウィジェットを設置することは「他のページもついでに見てもらえる」という効果があるのである程度PVを稼ぐのに役立ちます。

ただ標準機能として用意されている検索ウィジェットは最低限ページを検索するための機能しかなく、ユーザーが目的のページを見つけられないこともあるかもしれません。

そこでここでは標準の検索ウィジェットに高機能なインスタント検索機能をつけることができる「Search by Algoria」というプラグインの導入手順を紹介します。

インスタント検索とは

インスタント検索とはGoogleでよく見る検索キーワードを入力すると勝手に検索欄の下の方に検索候補(サジェスト)が表示される検索タイプのことです。

例えばGoogleで「wordp」と入力すると最後まで入力していなくても次のように「wordpress」に関する検索候補が自動補完されます。

Googleでのサジェスト表示の例

これがインスタント検索です。

検索ユーザーはわざわざ最後までキーワードを入力する必要がなく、一覧表示された候補の中から興味のあるものを選ぶだけで自分の欲しい情報にすぐアクセスすることが可能です。

このインスタント検索をWordPress内で実装できるのが「Search by Algolia」というプラグインです。

これはAlgoliaというWebサイトやスマホアプリなどに使われる高度な検索機能を実現するためのプラットフォーム上で動くプラグインで、導入すると次のように検索キーワードの一部を入力するだけでそれに該当するページがサムネ付きでサジェストされるようになります。

Search by Algolia でのサジェスト表示の例

このプラグインでは入力されたキーワードに対して記事の次の内容についてインスタント検索で候補を一覧表示することができるようになります。

  • 各ページの記事本文・タイトル
  • 記事のカテゴリー
  • 記事につけられたタグ
  • 記事の作者

タイトルや本文だけでなく、設定によっては記事につけられたカテゴリーやタグ・その記事を書いた作者名でもインスタント検索ができるなど高機能です。

導入もそれほど難しくなく次に紹介する手順を踏めばほんの数十分でインスタント検索が導入可能です。

インスタント検索の導入

Search by Algolia」でインスタント検索を導入するにはAlgoriaに登録して取得したAPIキーをプラグインで入力する必要があります。

その手順は次の通りです。

Algoriaへの登録

まずAlgoriaアカウントを持っていない場合は次のサイトにアクセスしてアカウントを作成しましょう。

https://www.algolia.com/

サイトのトップページにアクセスしたらまず「Sign Up」をクリックします。

すると次のようなアカウント作成フォームが出てくるのでメールアドレスとパスワードを入力し、利用規約にチェックを入れて「Create an Account」ボタンを押します。

アカウント作成が完了すると次に個人情報を入力する画面が表示されるので「Name」に名前を入力して「Next」ボタンを押して次に進みます。「Company」と「Phone」については特に入力する必要はありません

次はインスタンス検索に必要なデータセンターの場所を選ぶ画面が表示されますが、これは初めから「Japan」が選択されているので変更する必要はありません。「Next」を押して次に進みましょう。

次に進むとどのような用途といつから聞かれるので選択肢の中から当てはまるものを選んで「Finish」ボタンを押します。

これでAlgoriaへのアカウント登録は完了です。

APIキーの取得

次にプラグインを使用するのに必要なAPIキーを取得するために次のダッシュボードページにアクセスしてください。

https://www.algolia.com/dashboard

ダッシュボードページにアクセスしたら左のメニューから「API Keys」と書かれた項目をクリックします。

すると次のようにAPIキー一覧が表示されます。

この中でプラグインを利用するのに必要な情報は次の3つです。

  • Application ID
  • Search-Only API Key
  • Admin API Key

次にプラグインをインストールしますが、これらのアプリケーションIDとAPIキーの入力を求められえるのでダッシュボードページは開いたままにしておいた方がいいと思います。

プラグインの導入

では次に「Search by Algoria」をインスタンス検索を利用したいWordPressにインストールします。

その手順ですがまずメニューから「プラグイン」ー>「新規追加」を開きましょう。

そして新規追加画面のプラグイン検索欄に「search by algolia」と入力すると検索結果の一番上に次のようなプラグインが表示されるので「今すぐインストール」ボタンを押してインストールしてください。

以下のプラグインページから直接ダウンロードして使うことも可能です。

https://ja.wordpress.org/plugins/search-by-algolia-instant-relevant-results/

インストールが完了したら「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに変わるので必ずそれを押して有効化してください。

これでプラグインが使用可能になります。

プラグインでのAPIキーの入力

プラグインを有効化したらメニューから「Algolia Search」を開きます。

開くと次のようなAPIキーを入力する画面が表示されるので先ほどAlgoliaのダッシュボードページで確認したアプリケーションIDとAPIキーを入力してください。

そして下の方にある「変更を保存」ボタンを押して変更を保存しましょう。

正しいアプリケーションIDとAPIキーが入力されていれば更新後の画面でAlgoliaのサーバーとの接続に成功したというメッセージが表示されます。

以上でプラグインでインスタント検索を利用する準備が整いました。

プラグインの設定

次にサイト内でインスタント検索を有効にするために設定でサイト内の検索対象に含めたいページをプラグインにインデックスさせます

その手順ですがまずメニューから「Algolia Search」ー>「Autocomplete」を開きましょう。

オートコンプリートの設定画面が開いたらEnable autocomplete」にチェックをつけインスタンス検索の対象にチェックを入れてください。ここでは「投稿」と「固定ページ」にチェックを入れています。

そして下の方にある「変更を保存」ボタンを押して保存するとページが更新されます。

更新するとページ上に「index now」と書かれたボタンが表示されるのでそのボタンを押すと投稿ページや固定ページがインスタント検索の対象としてインデックスされます

よほどページ数が多くなければインデックスは数秒~数十秒で終わるので必ずクリックしておいてください。

以上でWordPressで検索ウィジェットでインスタント検索機能が利用可能になります。

インスタント検索の動作確認

実際にインスタント検索が機能しているかを確かめるには検索ウィジェットに適当なキーワードを入力してみてください。

次が実際にWordPressサイトで検索ウィジェットに適当なキーワードを入力して試してみた時の様子です。

Search by Algolia でサイト内検索したときの様子

このGif動画のように「word」と入力したときはもちろん自動補完が働きますが、「ward」のようなスペルミスでもユーザーが期待するページがサジェスト表示されるのでユーザーにとってサイト内検索が快適になります。

まとめ

以上ここではWordPressの標準の検索ウィジェットにインスタント検索機能をつけることができる Search by Algoria プラグインの導入手順を紹介しました。

導入もアカウント登録して簡単な設定をするだけなので手間もかかりません。もし高機能な検索機能を使いたいという場合は導入を考えてみてください。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press