★★★ たった "1日" でできるWordPressブログの作り方講座 ★★★ はじめてみる

wwwのありなしが統一されてないことの3つのデメリット&解決策

独自ドメインを用意してブログやサイトを始めた時に真っ先にやっておいた方がいいことはURLのwwwのありなしを統一することです。

意外とこの設定をしていない所は多い印象ですが、この設定をしておかないと主にSEO的な理由でマイナスになることがあります。

ここではそのwwwのありなしを統一していないことによるデメリットと解決策について解説します。

wwwのありなしとは?

ここでいうwwwというのは次のようにURL中でドメイン名の前につく文字列のことです。

https://www.fukuro-press.com

この例のようにドメイン名(ここではfukuro-press.com)の前についている文字列はホスト名と呼ばれ、一般的には「www」が最もよく使われています。

つまりwwwのありなしとは次の2つのURLのようにこのホスト名の「ある状態」と「ない状態」の2つのことを指しているのです。

https://www.fukuro-press.com/
https://fukuro-press.com/

この2つはどちらも同じページを表していてどちらのURLからでも同じ場所にアクセスすることができてしまいます。

そしてこのように異なるURLから同じページにアクセスできてしまうのがwwwのありなしが統一されていないということです。

wwwありなしが不統一で生じるデメリット

ではこのURLのwwwのありなしが統一されていないのは何が問題なのでしょうか?

その理由はちゃんとあって主に次の3つです。

  • ページの評価が分散して評価が下がるため
  • 外部からもらった被リンク効果が薄まる
  • 重複コンテンツとみなされることがある

ではこの3つの理由について次で詳しく説明していきます。

 × ページの評価が分散するため

まずURLを統一した方がいい1つめの理由がこれです。

なぜページの評価が分散するかというとGoogleはそれぞれのページをURLによって判別しているからです。

例えば同じページで次の2つのURLがあるとしましょう。

https://www.fukuro-press.com/page/
https://fukuro-press.com/page/

この2つはページを開いて見れば全く同じ内容だと分かりますが、Googleは「URLが違うからこれは全く別のページに違いない!」と判断します。

人間が見ればすぐに同じページだと分かっても検索エンジンが同じ判断ができるとは限りません。

つまりURLが統一されていないと「同じページが2つある = 重複ページがある」とみなされ評価が分散してしまうのです。

せっかく読者の役に立つ高品質なページなのにURLの統一をしてないばっかりに半分の評価しかもらえない、なんてことがおきてしまうかもしれません。

 × 外部からもらった被リンク効果が薄れるから

SEOに詳しい人なら外部のサイトやブログからの被リンクがSEO的な効果を持つと聞いたことはありませんか?

実際しっかりと運営されているブログなどからもらった被リンクはSEOに効果があります。

では運よくそういったブログのいくつかから被リンクを受けた場合を考えてみてください。

もしその時wwwのありとなしの両方で被リンクをもらったとしたらどうなるでしょうか?

先ほど書いたように検索エンジンはURLでページを判断するので異なるページが被リンクを受けていると判断されてしまい被リンク効果が薄まってしまうのです。

つまりURLが統一されていないと被リンクを受けてもSEO的に評価が分散してしまうというデメリットもあるのです。

ただしもう既にwwwありなしの両方で被リンクを受けていたとしてもURLをリダイレクトで統一すれば正しく評価されるようになります。

このURLのリダイレクト設定についてはこの記事の最後で紹介するのでお楽しみに。

 × 重複コンテンツとみなされる恐れがあるから

最後のデメリットはGoogleから重複コンテンツとみなされる恐れがあるということです。

同じブログ内なのに重複コンテンツなんて不思議な感じがしますが、Googleにはそう思われてしまいます。

そして重複コンテンツがあまりにも多いと次のような問題も起こります。

  • 狙ったページで上位表示しにくくなる
    Googleは重複ページを嫌っていて検索結果で省略されてしまうため
  • クローラーが効率よく巡回できなくなる
    検索エンジンのクローラーは重複コンテンツは優先度が低いものとみなすので検索結果に表示されない恐れあり

悪意を持って重複コンテンツを作ったわけではないのにURLの統一をしていないばっかりにこのような不利益を被ってしまいます。

こうならないためにもURLのwwwありなしの統一は必要なのです。

URLを統一するための解決策

ではどうすればURLのwwwありなしを統一できるかというとリダイレクト(自動的に他のページに転送すること)という技術を使います。

これを使うことで次のいずれかの方法でURLを統一することが可能です。

  • ありでURLを統一
    wwwなしでアクセスされたとき ⇒ wwwありに自動的に転送
  • なしでURLを統一
    wwwありでアクセスされたとき ⇒ wwwなしに自動的に転送

このようにありなしのどちらかでリダイレクトの設定を行っておけば両方のURLでアクセスされたとしても一方だけに統一することができるのです。

では具体的には何をすればいいかというと .htaccess というサーバー内にある設定ファイルにリダイレクト設定を記述する必要があります。

その詳しいやり方については次の記事で紹介してあります。

SEO対策のためにURLのwwwありなしはどちらかに統一した方がいいです。ここでは特にWordPress向けにURL内のドメインの前につくwwwをありまたはなしのどちらかに統一する方法について解説していきます。

「.htacessって何?聞いたこともないし難しそう・・・」という人でもコピペでできるのでURLが統一されていない場合は是非試してみてください。

まとめ

wwwのありなしだけでページの評価が下がったり重複コンテンツとみなされて検索結果に表示されないのは本当にもったいないです。

なのでそういうSEO的にマイナスな評価をもらわないように必ずURLのwwwをありなしのどちらかに統一しておきましょう。

やるとやらないとでは大違いだと思います。

The following two tabs change content below.

フク郎

昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。Twitterアカウントはこちら ⇒ フク郎@Fukuro-Press